【実力を100%発揮するために】面接での注意と心構えについて

おはようございます。今日もご来訪、感謝です。

関西地方でも幾分被害はあったものの、関東・東北・北陸地方の台風19号の被災が

甚大ですね。。。

皆様の安全を祈念しております。

ラグビー日本代表の頑張りと躍進に励まされている方も多いと思います。

このまま決勝リーグも頑張ってほしいですね。

さて、本題に入らせていただきます。

今日は、求職活動中の面接の準備、注意の話をさせていただきます。

面接で100%発揮できるように準備と注意をしていますか?

面接のイメージ

新卒や中途採用の面接、またはアルバイトみたいな面接でも共通に言えることですが、

面接の準備はしっかりできていますか

履歴書はばっちり、Webテストもしっかり受けた、自己PRもしっかり考えているのに、

当日の電車に遅れる、最寄り駅から会社までの道のりで迷ってしまうなど、遅刻をし

焦ってまま面接に挑むことになり、頭が空っぽになってしまう。。。

準備はばっちりで会社の近くまで余裕を持って到着し、

禁煙エリアで喫煙しているところを

たまたま面接予定の面接官に見られてしまう。。。

また、面接で、「当社の今の取り組みについてどう思いますか?」と志望している企業の事を聞かれ、

自己PRは考えていたのに、会社の取り組みまでは調べておらず、頭が真っ白になる。。。

「そんなことないでしょー大げさなー」と言われそうですが、

100%言い切れませんよね?予期せぬ質問が飛んでくるということはあると思った方が良いです。

皆さんの面接に向けた入念な準備が発揮できなかったり、

評価されなかったりするのはとてももったいない

そこで、言われてみたら当り前なんですけど、

注意しておくべき点や心構えを書かせていただきます。

面接前日までにSNSや関連ニュースは目を通しておく

SNSやWebをチェックしているイメージ

面接の事前には会社に関わるSNSの投稿が無いかどうか、チェックをしてみましょう

最近はFacebook・Twitter・Instagramといった

代表的なSNSの法人アカウントなどを取得し、

広報活動に力を入れている企業も少なくありません。経営層が積極的に

会社の活動を投稿している、という事もあります。取締役や社長クラスは

HPに指名が公表されていることもあるので、それでSNSで検索をしてみましょう。

また、その会社の投稿やツイートに「いいね」や「フォロー」、

「コメント」をしている

フレンドは社員および関係者と思われますので、

公開されている範囲でその人の投稿記録などを見ると、

社員会の雰囲気とか会社やプライベートの充実しているのを見れるかもしれません

企業研究の一環でSNSを見てみるのもアリだと思います。

SNSで友人でもない人の投稿などを見るのは覗き見みたいで気が引ける・・・

という人は会社の名前でググったり(Google検索)、

ヤフー検索をしてみて、その会社に関するニュースを見てみましょう

面接先の企業について、その企業単体のニュースリリースだけでなく、

その企業が調査しているアンケートの発表とか、他企業との業務提携の話とか

そういった記事を見ることができます。

「〇〇社とこんな業務提携しているんだな」と分かると面接での質問内容などの

インプットになることもあると思います。空き時間にサクッとみてみてください。

面接前は1時間前に到着し、会社近くのカフェでお茶をしてみよう

カフェのイメージ

まずは会社の最寄り駅に1時間前に着くイメージで出発しましょう。

道に迷っても1時間あればリカバリー可能ですし、遅刻対策にもなります

人身事故などの公共機関の遅れでもやはり遅刻は遅刻です。

事情は考慮されるかと思いますが、そういった状況でも

遅れず到着することが望まれますね。

遅刻で焦って時間なく駆け込みで面接に行き、

息も絶え絶えで話をしても伝わるものも伝わらなくなります。

ぜひ、余裕をもって面接会場に行って、順調に着いたら着いたで良しとしましょう。

そして会社を見つけたら、最寄りのカフェでコーヒーを飲みながら

これまでの企業研究・自己PRネタのおさらいをして気持ちを整えつつ、

周りの雰囲気を見渡してみましょう。

もしかしたら面接を受ける会社の社員が

コーヒーブレイクでくつろいでいるかもしれません

会話を盗み聞く、は少し趣味が悪いかもしれませんが、

どんな雰囲気でくつろいでいるか、

それだけでも良いインプット、参考になると思います。

眠そうに死んだ目でくつろいでいるのか。。。

ランチセットをかき込みながら仕事をしているのか。。。

同僚と周りの目を憚らずに機密情報を漏らし、大音量で話しているのか。。。

そういったところから意外な一面を見ることができます。

もちろん、ご自身はいつ・どこで見られるかわからないので、

誰に見られても恥ずかしくない振る舞いでお願いします。

最近はリモートでの面接も多いですからね。会場に行って対面で面接というのもなくなってきましたね。「【リモート面接もスムーズに】リモート面接のコツや心構え」もご確認ください。

面接直前の待合も注意!

面接会場に到着し、案内され、

面接官が来られるときまでの待ち時間も注意が必要です。

メモなどを見直して、ここでも整理をできればいいのですが、いかんせん

いつ来られるか分かりませんし、ノックしてくださるとは言え、

ノックからドアが開くまで一瞬です。

時間があったからと言って、

スマホをいじってゲームをするなどはやめておきましょう

面接外の振る舞いとは言え、印象としては良くないです。

もし、あなたと評価が同等、ドングリの背比べの志望者がいれば、

その一瞬の印象で落とされかねません。

会場に到着すればスマホは極力触らない意識でいましょう。

面接終了後の出口までの案内のトークも注意!

無事面接が終わり、ほっと一息、後は帰るだけ。。。

面接官とエレベーターまで、会社の入り口まで歩く、という事もあると思います。

その時に面接官もねぎらいでいろいろ話してくださると思いますが、できるだけ

コミュニケーションをとるようにしましょう

緊張がまだ続いていてうまく話が続かないこともあるかと思いますが、

「今日は緊張しました」とか

「今からお仕事ですか?今日はお忙しいところありがとうございました。」

など、できるだけ会話をしましょう。

面接が終わってもフレンドリーな面があると、入社後も会社に馴染んでくれそうな、

好印象を持てます。

面接が終わって仕事は終わり。ではなく、家に帰るまで面接と思って

しっかり愛想よく接していきましょう。

面接後は担当エージェントに電話で報告

電話報告のイメージ

中途採用であれば、面接が終わったら、できるだけすぐ転職の面倒を見てもらっている

エージェントに電話を入れましょう。つながらなければその旨メールで伝え、簡単に

文書報告でも良いです。

面接の感触はどうだったか、相手はどんな立場の社員か。

どんなことを聞かれ、どう答えたか、待遇などの話は出たか、など。。。

できるだけ客観的事実と、個人の主観的な感想を切り分けながら報告しましょう。

というのも、エージェントはその話を聞いて、面接の感触によっては

次の面接・求人の手配をしてくださりますし、また志望度が高い企業であれば

人事に連携を取り、フォローをしてくれることがあるからです。

できるだけ次の一手は早い方がいいと思います。

また、合否の連絡は会社→エージェントにいくので、

その時にあなたの面接の様子をエージェントに話していれば、

フォローもしやすいです。

エージェントを動きやすくするためにも一言覚えている間に報告をしましょう

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

まとめ:面接内容の準備だけでなく、前後にも気を払おう!

準備をしているイメージ

以上、面接で100%力を発揮する、

100%の姿を評価してもらえるための注意・心構えの紹介です。

どこでどう見られているかわからないのでしっかりした振る舞いをする。

面接前後も面接官としっかりコミュニケーションを取り、スマホゲームはご法度。

事前にSNSやニュースで情報収集をする。。。

など、言われてみれば当たり前なんですけど、

頭に入れておくと評価ががらっと変わります。

面接の心構えはいろんな書籍にもありますので、

本屋に立ち寄り、ぜひご一読ください。

皆さんが面接で力を発揮できるように祈っております。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました