【転職経験①】私の経歴 新卒~1回目の転職

こんにちは。

今日も暑いですね。もうすぐ梅雨入りということでなんだかじめじめしていますね。

今日は私の経歴について簡単に紹介したいと思います。

新卒はシステムエンジニアとしてSier企業に就職

システムエンジニアのイメージ

大学院を修了した後はシステムエンジニアとして

大手のSier企業に就職しました。

そこではクレジットカード会社のシステム保守をしており、

LinuxやOracle・VMWareといったミドルウェアを使って

システムのリプレース(入れ替え)などを行っていました。

当時出だしたばかりの仮想化技術を用いた、

インフラエンジニアとして当時は重宝されていたのかなーと思いますが、

システムの保守などで誰も障害対応できなくなり、自分の時間が持てなくなりました。

帰りも遅く、21時に会社を出れれば御の字かなーという感じです。

また、2010年前後はまだパワハラとか働き方改革とか、うっすら出だしたくらいの時代で

「有給取ります」なんて言ったら

「先輩働いてるのに休むんだね」的な嫌味を言われる時代でした。

なんかしんどいなと思ったときに大学院時代の解析を思い出し、分析を仕事に

したいと思ったので転職を決意しました。

パワハラのイメージ

リクルートエージェントを使って転職活動を行いました

研究室では計算機上でシミュレーションを行い、統計学的な分析を行っていましたので、

それにつながる仕事をしたいと考えたんですね。

初めての転職での紹介業者はリクルートエージェントを使いました。

私に専属のエージェントがついてくださり、3か月以内に決着がつくように

いろいろアドバイスや求人をいただけました。

転職に必要な職務経歴書の添削など、とても丁寧にしてくださりました

エンジニア時代に基本情報や応用情報といった資格を取っていたので、分析業務を

希望していたのにSE業務の求人が多かったです。

エージェントはその人がより好待遇で転職できると、

その分マージンも多く入りますからね。資格から得られる好待遇というところを

多分に求めたのでしょう。

その中から何とか希望の求人を探し、

なんとかご縁をいただき、カードローン系金融企業に入社しました。

転職ってうまくいくと年収ベースが新卒からガラッと上がります。

なんせ、月50時間ベースの残業代込みの年収が

次の会社の基本収入ベースになるのですから。

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

転職によりベースの年収を上げるしかないと思います

転職のイメージ

今ビジネスマンが年収を正社員一本だけで上げてくには転職していくしかないと思っています

※ただ、転職エージェントに注意は受けましたが、未経験職種は最悪100万程度年収が下がることもあるそうです。今は内定時に面談があり、それでもいいか納得してからの転職が多いとは思いますが。

最近は新卒の給料も少ないですし、昇給幅も減ってきています。

また、年功序列の考え方もなくなりつつあるので、年次を重ねれば単調に増えるというのも

考えにくくなってきていますので、転職でベースの年収を上げていく、という考え方も

アリかなと思っています。

まとめ:辞めるときは冷遇を受けたりすることもあります

辞めるときは上司に嫌味は言われましたが、SE業界は転職も多いんでしょう。

手続き自体は慣れたものですいすいと進みました。

しかし、1か月半前に辞めるといったのに、有給は取らしてくれず、3日かしかくれませんでした。

新卒で2年間働き、有給休暇は10日以上残っていました。

有休、無駄にしてもったいなかったなぁと思います。

でも当時は会社と気まずくなりたくなかったし、辞めるから引継ぎとかも手抜きなんだね」と

思われたくないと思い、すべてを飲み込みました。

※仲の良かった先輩に呑みの席でその話をすると「それ訴えたら勝てるよ」と言われました。

たぶん労務上よろしくないでしょうね。

そんなこんなで転職一回目が終わります。

続きの話はまた投稿させていただきますね。

急に暑くなったり、朝晩は涼しかったりと服装の調節が難しいですが

体調など崩されないようお気をつけください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました