【キーボード音うるさい】エンターキーを強く叩く人について

パソコン操作をしているイメージ

皆さんおはようございます。今日もご来訪、感謝です。

最近、あまりに寒くて、とうとう床暖房をつけてしまいました。。。

だいたい6月くらいが冷房つけると悩ましいように、

11月くらいの今は寒いような、そこまで寒くもないような・・・で

床暖房付けるかどうか悩ましいんですよね。。。

もう寒いので今は床暖房付けながらブログ書いています。

さて、今日の本題に入らせていただきます。

今日はよくあるオフィスの光景についてお話しさせていただきます。

今日は静かなオフィスの中で、カタカタ・・・ターン!とうるさい、パソコン関連の
あの音についてお話しさせていただきます。

エンターキーを叩く音、うるさくありませんか?

普段のオフィスでの作業、よく聞こえる光景かと思いますが。。。

「カタカタカタ・・・ターン!」と、

エンターキーを異様に強く叩いている人はいませんか

人によっては、「ガンガンガン!」と、

もはやキーボードをいじめているのではないか?

という位キーボードをガシガシ叩いている人がいます・・・。

キーボード操作うるさい人のイメージ

もしかしたら今ブログを見ていただいているアナタも、

今ドキッとされているかもしれませんが、

私自身も油断するとエンターキーを打つ音が大きくなりがちです。

というか、パソコンのキーボードを叩く音自体がうるさいかもしれません

そして、このエンターキーを「タンッ!」と叩く音含め、

パソコンのキーボードをカタカタ叩く音は、

結構オフィスで同じフロアの人からは耳障りに思われていて、

あまり快く思われていません。

キーボードの音って、第三者からすると結構うるさく感じるんですよね・・・
在宅勤務でカタカタうるさいと家族からブーイングが来るかもしれませんね。

今日はそのエンターキーをうるさく叩いてしまうことについて、

原因や対策も含めていろいろ考察してみたいと思います。

快適に働けるオフィスに少しでも貢献できればと思います。

キーボード音がうるさい人はネガティブな印象を持たれがち

私もどうやらエンターキーを含めキーボードを打つのがうるさいタイプのようで、

新卒で入社したSier企業で、お世話になった先輩社員から注意を受けたことがあります。

その先輩いわく、「エンターキー叩くのがうるさい人に仕事ができる人はいない

とのことです。確かにその先輩社員はバリバリ仕事ができて、

PC作業も手早いのですが、

パソコンのキーボード操作がとても静かです。

仕事ができる人はキーボードさばきは静かなんだと実感しましたね。
最近はリモートで打ち合わせも多いですし、内職しても、キーボードの音でバレてしまいますね笑

また、エンターキーをうるさく打つことについてWebで検索してみると、

出るわ出るわいろんなネガティブ意見が。。。

その検索結果を見た中で、私が最も印象に残ったのは、

エンターキーも含めキーボードを「カタカタカタ・・・」と、うるさく操作する人は

「飲食店で「クチャクチャ」と咀嚼音を立てて気持ち悪く食べているのと同じレベル」

という話

ネットサーフィンで、サイトを流し読みしていたので

どのサイトで紹介されていたのかは覚えていませんが、

誰が見ても嫌がるような、「クチャクチャ食べる人」と

キーボード音がうるさいのが同列になる、

というのはなかなか精神的に堪えるところ。。。

なんとかタイピングがうるさいのを治せないかな。。。

というのを日々考えています。

キーボードを強く打ち込んでいるので、

パソコンの消耗具合にとっても良くないことですしね。。。

そこだけ執拗に痛めつけているからか、エンターキーの文字がはげて見えなくなっているキーボードをオフィスでよく見かけます・・・

技術面とメンタル面と設備面で原因と対策を考えてみました。

技術面:エンターキーうるさい人はタイピング操作に悪癖あり

一朝一夕に治るものではありませんが、エンターキーをうるさく打ってしまう人は、

タイピング操作に悪い癖がついてしまい、変に指に力が入っていると思われます。

基本的にキーボードのタイピング操作は、

印がついている「F」と「J」キーを基本に考え、

この2つのキーに人差し指を固定するように考えると、

手の移動も少なく、効率的に操作することができます。

この基準位置などを誤っていると、変に手の移動に勢いがついたり、

タイピングで指を移動するのに力が入ってしまい、

力のコントロールが利かず、

キーボードを打つ指に力がこもりすぎてしまうのだと思います。

先輩社員に「タイピングがうるさい人に仕事ができる人はいない」と言われたのは、

効率の良くない、癖のあるタイピングをしている=タイピングの基礎ができていない

ということから言われたのかもしれませんね。

タイピングは正しい打ち方を学ぶと操作が各段にスピードアップし、

効率性が上がります。

タイピングのコツを書いている書籍やタイピングソフトもありますので、

ぜひ基本の方法だけでも練習してみてください。

メンタル面:エンターキーがうるさい人は自分さえよければいいと思いがち?

エンターキー叩くのがうるさい人は、「自分さえよければいい」とか

「私は仕事できる人間だ」とか、

カタカタカタ・・・タンッとリズムよくパソコンに文字を入力する自分に

酔っている可能性があります

※もちろん皆が皆、そうではないと思っています。

単純にいらいらしていることもあると思います。

ご自身のキーボードさばきに自分で酔っている可能性がありますね・・・
自分でも気をつけねば・・・

ただ、パソコンのタイピング音は、耳が人間の横側についている以上、

自分にはあまり聞こえてこず、左右に座っている人によく聞こえてきます。

タイピングの音が耳障りに感じてしまい、変に存在感を発揮することになり

そういった自己主張が激しい人と思われがちになるのは仕方ないのかなと。

エンターキー含め、タイピングやマウス操作がうるさい人は

「クチャクチャ音を立ててご飯を食べる人」と同じだという理解で、

大人しくキーボードを叩くことに意識を向けてみましょう

後は、イライラしていると、タイピングにも力が入りがちですね。

イライラしても良いことはないので、深呼吸をして落ち着き、

仕切り直しをして仕事に入りましょう。

Wifiレンタルどっとこむ

設備面:カチャカチャ音を立てないPC部品を購入する

力をうまく抜けるタイピングに修正するのも、

心理的に力を入れないように意識を変えるのも、

一朝一夕に治るものではないし、無意識に出てしまう事もあります。また、

パーツが古かったり、音が出やすい部品で、どうしてもカチャカチャ

タイピングで鳴ってしまう

という事もあります。

なのでできるだけ音が鳴らないマウスやキーボードなどをそろえましょう。

マウスやキーボードも静音タイプがありますので、こういった設備面での整備も

お勧めします。

【CodeCamp】

まとめ:人前でパソコン操作をするときは配慮できる人になろう

以上、エンターキーのタイピング音がうるさくなるときの原因と対策でした。

意外とタイピングがうるさくて周りから快く思われていなかったり、

ネガティブな印象を持たれがちなので、

技術面・メンタル面・設備面でしっかり対策したいですね。

これからはテレワークや、外でのプログラミング学習など、

公共の場でのパソコン操作や

パソコンを使った学習が増えてくると思います。

自宅でパソコン操作をしていると家族から「うるさい」と

注意を受けることもあります。

Samurai Engineer

そういった場で恥ずかしい思いや恥ずかしい視線を受けないように、

少しずつタイピングについて見直してはいかがでしょうか?

私もこれから少しずつ修正していっているので、一緒に頑張っていきましょう。

パソコン操作も静かにできる人になり、周囲に気づかいできる人になりましょう。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました