【変わってきた借金の取立】カードローンの取り立てについて

おはようございます。

先日から、カードローンについて、さらにカードローンの広告について、

簡単に紹介させていただきました。

今日はカードローンの取立について紹介させていただきます。

皆さん、消費者金融含め、借金の取立にネガティブなイメージをお持ちだと思いですので。。。

カードローンの取立の歴史

取立のイメージ

今の貸金業法ができるまでは、確かに貸金業者は昼夜問わず

また勤務先などにも電話・訪問をかけ、

ひどい時にはそのお子さん・両親・祖父母にも取り立てを行っていたようです

そんなんで追い詰められたお金を借りた人(債務者)はたくさんいたんでしょうね。

今は法もかなり制定され、債務者を追い詰めるようなことにはなりにくくなっています。

また顧客満足度の観点でも取立も不満足につながらないように配慮されたものになっています。

カードローンの督促行為が緩くなってきたとはいえ、借りたお金を返さなくていいという事ではないです。返済が滞るとどうなるかは「【ローンは計画的に】月々のローン支払いが遅れるとどうなる?」もご参照ください。

債務者を不当な取立から守る貸金業法第21条

貸金業法の第21条にこうあります。

債務の取立・督促について記載されております。

取立て行為の規制

第二十一条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

一 正当な理由がないのに、社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。

二 債務者等が弁済し、又は連絡し、若しくは連絡を受ける時期を申し出た場合において、その申出が社会通念に照らし相当であると認められないことその他の正当な理由がないのに、前号に規定する内閣府令で定める時間帯以外の時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。

三 正当な理由がないのに、債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所に電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所を訪問すること。

四 債務者等の居宅又は勤務先その他の債務者等を訪問した場所において、債務者等から当該場所から退去すべき旨の意思を示されたにもかかわらず、当該場所から退去しないこと。

五 はり紙、立看板その他何らの方法をもつてするを問わず、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。

六 債務者等に対し、債務者等以外の者からの金銭の借入れその他これに類する方法により貸付けの契約に基づく債務の弁済資金を調達することを要求すること。

七 債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することを要求すること。

八 債務者等以外の者が債務者等の居所又は連絡先を知らせることその他の債権の取立てに協力することを拒否している場合において、更に債権の取立てに協力することを要求すること。

※一部抜粋 貸金業法より引用

簡単にまとめると、、、

真夜中や早朝など、変な時間に取立しない

※ 不適当な時間帯というのは、夜9時~朝8時 のことです。

ただ、債務者から「その時間に連絡くれ」と申し出をくれたり

理由などあればその限りではありません。

また、一日何回も電話をできません。せいぜい3回が限界です

債務者と同意を取っている返済予定日まで督促

いついつに返済すると、債務者が言っているのにそれを無視して

貸金業者から連絡してはいけない。

返済予定日までに念押しみたいな感じで連絡するのはNGです。

勤務先などにいきなり訪問に行くなどするのはNG

まずは本人の自宅、携帯電話などに電話をして、取立をしないといけない。

訪問するというのは債務者の相当なプレッシャーを与えますので、まずは電話など

周りにも迷惑をかけない手段から取立をしないといけません。

今は取立やめてくれ、と言われたら中止しないといけない。

債務者が「今は取立しないでくれ。忙しい」とか言われたら取立行為をやめないといけません。

携帯電話に電話した時も債務者はもしかしたら運転中かもしれませんからね。

「今お話しして大丈夫ですか?」などお伺いしないといけません。

張り紙とか大声で、周囲にお金を借りている事実をほのめかすようなことをしてはいけない。

勤務先や同居人に言ってもNGです。なので、社名をなのったり、

カードローンの商品名を名乗って、第三者に電話をすると、

「あの人〇〇社と付き合いあんの?」と債務の事実をほのめかすことになり、

21条的にアウトです。債務の取立は個人名でまずお電話することが通例のようです。

※最近はいきなり個人名だと怖い、という風潮もあり、社名を名乗って良いという流れも出ているようです。

債務者以外に返済を強要してはいけない。

親とか知人が返済するのはダメですし、その人らに代わりに返済するように強要するのもダメです。

しかし、債務者の借入の事実を本人から聞いており、

債務者とその人で合意しているときに限り、その人から返済を申し出ることができます。

増えてきた非対面による取立方法

法的に規制しているという制限だけでなく、効率性や、顧客への融通が利くという面で

テクノロジーを使った取立手段も増えてきています。訪問して取り立てなどすると

まず債務者の自宅に行って話をするという時点で交通費かかりますし、

人件費かかりますし、コンプライアンス的に規制が厳しいですからね。

SMSや電子メールでお知らせをする、

電話を架けたりするときも自動音声で案内する、

不在着信に折り返し電話をすると自動音声でアナウンスに従って返済予定日を入れる、

Webの会員サイトにログインして返済予定日を登録する

など、人を介さない取立手段が増えてきています。

音声や文書だけ見て返す気が起こるかどうかは人それぞれかと思いますが、

直接人に言われるより、気は楽ですね。

では借りたものは返さなくていいのか?返済しないときのデメリット

悪だくみしているイメージ

これだけ見ると、

「カードローン・貸金業者の取り立ても逆に緩くなってきているな、返済せんと逃げ切れるな。」

と思うかもしれませんが、返済しないことによるデメリットはもちろんあります。

クレジットカードなどの信用情報の悪影響

CICやJICCという、クレジットやカードローンに関する情報を管理する機関があり、

そこで管理される信用情報はぼろぼろに傷つきますので気を付けてください

必要な時に車や住宅ローンを借りたり、またクレジットカードを作りたいとなったとき、

特に最近はスマートフォンも割賦販売になっていますので、

スマートフォンも信用情報がよくないと分割で買えません。

(一括でスマホを購入するのであれば別ですけど、返済滞る人が一括で買えるとは思えませんし。。。)

法的措置による強制返済・返せなくなったときは相談を

また、返済できない見込みだと貸金業者が判断した場合は、正式な手続きにのっとり、

裁判所に申し出を行います

契約不履行という観点で訴訟みたいなものを起こします

契約書類は貸金業者はすべて保管していますので、

取立に応じていないこと、連絡しても無視していることなど、

すべて裁判所に記録を提出しますので債務者はほぼ負けます

なので裁判所に行く前に正直に借りている会社に話をして、

返せないなら返せないと相談しましょう

相談すればいろいろ対策を考えてくれます。返済額を少なくしたり、

返済を少し猶予してくれる。など。。。

まとめ:取立のプレッシャーはないが、デメリットに気を付けて

以上、カードローンの取立に対する規制やテクノロジーの紹介でした。

少しはカードローンの印象も変わったでしょうか。

取立は無視しようと思えばできますし、取立を無視するような人にお金を貸すと判断した

債権者・会社が悪いと判断されるのが今のカードローン事情です。

しかし、債務者の信用情報などは傷つきますのでそのデメリットは覚悟してください。

カードローンで助かる人もいれば、借りなくてもいいのに勧められるまま借りたりすることで

不要な負荷を強いられる方もいます。

カードローンを良いとも悪いとも言うつもりはありません。

できるだけ客観的な情報をお伝えしましたので、

うまく使って幸せな生活を送りましょう。

貸金業法やクレジットについて勉強したい方は専門の書籍なども参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました