【ハイパフォーマンスのため】ルーティン化・ルール化で集中

頑張っているイメージ

皆さん、こんにちは。今日もご来訪感謝です。

新年(2019年から2020年になりましたね)も明け、新たに目標を設定し、

一念発起、決意を新たにされている方も居られると思います。

今日は、新たに立てた、

優先順位の高い目標に対し集中して取り組めるためのルーティン化

について紹介させていただきます。

ルーティン化することで余計なことを考えなくて済む

ご自身の生活に少しでもルーティン化を取り入れることで、

動作、予定を消化する際、考える脳のメモリの消費を抑えることができます

何でもない日常ですが、やはり「次は何をしようか?」や

「何をどうやって取り組もうか?」と考えるのは脳に一定の負荷を与え、

疲労度が蓄積されます。考えてしまう事で集中もリセットされてしまいますしね。

いざという大事な作業の時の脳の馬力に多少なりとも影響してしまいます。

また、考えることで一定時間(習慣によっては数秒から数十分に至るまで)の

空白の時間ができてしまいます。ご自身の中で優先順位が低い作業や習慣に関しては

ルーティン化・ルール化してしまい、極力考える労力を減らしてしまうことで

脳の疲労を軽減し、いざという時の脳の馬力を温存することもできるし、

少しでも時間の節約になります。

やはり、日常の何でもない作業でウンウンうなって

考えてしまうのはもったいないですからね。

できるだけルーティン化してしまい、

日常の生活の考える濃度にメリハリをつけてみましょう。

ここで、私ができるだけ脳の労力を減らすためのルーティンを

紹介させていただきます。

美容室は2週間に一回行き、年間契約

美容室のイメージ

ビジネスマンとして身だしなみも好印象を周囲の人間に持っていただくために

重要ですが、

私は美容室を「いついつ行こう」と都度決めるのではなく、年間契約で費用を払い、

2週間に1回髪を切ってもらい、1か月半に1回程度、パーマを当ててもらっています

定額で払っているので毎回の散髪代の支払いは基本的にスキップされています。

そうすることで髪型の変化・劣化を気にすることなく、

また年間契約なので費用の上下を気にすることなく、

決まったペースで髪型を維持できます。

芸能人とか水商売で毎回髪をセットする必要がある方しかしなさそうな話ですが、

ダメもとで聞いてみると、

そういった定額契約をしてくれる美容室も意外と存在しており、

年間20回くらい美容室に行けば元が取れるような契約形式になっています。

表立って公表されているところは少ないと思いますので、

なじみの美容室や理髪店があれば店長に相談してみましょう。

着る服をルーティンで決める

服装のイメージ

毎朝、出かける時、寝る時のパジャマや下着など・・・

日常で身に着ける服は決めてしまいましょう

私がよく読ませていただく著者、ピョートルさんも自身の著書でおっしゃっていますが

普段は黒いシャツとデニムのパンツを何着も用意し、

着る服に関しては執着をしていないそうです。

(詳細は「Google流疲れない働き方」をご参照ください)

私はプライベートの時は白いシャツとユニクロの黒いストレッチパンツを

複数用意しており、

それを何も考えず手に取り、朝着替えます。

仕事の時はハンガーにかかっているシャツを右から順に取り、

ズボンも棚にあるものを上からとります。

カバンもリュック1個を決まって使っています。

パジャマも同じものを用意しており、

下着は棚にあるものを上からとるようにしています。

それで極力脳の労力、無駄時間を使わないように着る服を考えています。

プライベートは白い服を着ているのは、

白と黒の組み合わせだと合わせやすい、という事と

オシャレ度でいうとそこまでハズレにならない、

暗い印象は持たれにくい、ということで採用しています。

着る服を決めるという、習慣を参考にしてくださるとありがたいのですが、

もちろん異性との大事なデートの時や

大事なイベントなど、着る服や格好に神経を使わないといけない時もあると思います。

また、そもそもおしゃれが大好きで、

毎日出かけるときに服装を考えるのが楽しいという方は

おられると思いますので、そんな方はルーティン化せず、

しっかりご自身の大事なタスクとして向き合ってください。

オシャレも大事なミッションです。

労力を使うべき、ここぞというときは脳の馬力をフル活用しましょう。

服に無頓着というわけではないのですが、ブランドにこだわっているわけではありません。服装は清潔感が重要かなと思います。

嗜むコーヒーやお酒も決める

お酒のイメージ

私はコーヒーやお酒が大好きなのですが、

飲むコーヒーやお酒の種類も決めており、いつもそれを自宅で飲んでいます

コーヒーやビールが切れたときはそれを毎回買うようにしています。

外で飲むときも飲むお酒をきめています。

一杯目は生ビールで乾杯(これは大体のお酒をたしなむ方も同じだと思いますが)し、

2杯目はレモンチューハイ、3杯目以降はハイボールをいただきます。

だいたいそのあたりはどこの居酒屋にもありますし、焼酎

や日本酒も大好きなのですが、居酒屋によっては当たり外れが大きいので、

ハズレの少ないビールやチューハイ・ハイボールを楽しんでいます。

この辺りはメニューを見なくても大体店にありますので、大人数の飲み会で

近くにメニューが無くてもスムーズに注文可能です。

大事な人との飲み会や、おいしい焼酎のある店など、

飲むお酒とは違う優先順位がある場合は

呑むお酒を悩むのも楽しいものなので、

その時はしっかり悩んでお酒を楽しんでおります。

あとは差し入れなどでいただくお酒やコーヒーもありますので、

それはそれでありがたくいただいて、

週末などじっくり味わえる時に楽しく飲んでいます。

最近は歳のせいか、二日酔いになりやすくなってきています。皆様も飲みすぎには気を付けて。「【脱二日酔い生活】二日酔いをしないためのお酒との付き合い方」もご確認ください。

就寝時間や起床時間など、行動をできるだけ決める

また、ルーティン化によってできるだけ決まりきった行動はできるだけ習慣化し、

「次何しないといけないっけ?」と考える労力を減らすようにします

例えば寝る時間や起きる時間を固定し、朝の作業、寝るまでの作業はこれをやる、

など決めてしまうと脳の労力を減らすことができます。

例えば私の例でいえば

  • 朝は4時に起床
  • 水とサプリを飲む
  • 起きてすぐは洗濯物と洗い物の取り込み
  • ブログの更新(新規作成 or 既存記事のリライト含む)
  • 愛犬の散歩
  • スムージーを作成
  • 朝ご飯
  • ごみ捨て
  • 歯磨きや髪のセット +2日に1回髭剃り
  • 出勤前に読書や勉強
  • 通勤中は本を読む
  • 入浴前に夜の愛犬散歩
  • 21時半に寝る

などなど、ある程度ルーティンを決めています。

※最近は子供も生まれたので新たなルーティンを構築中ですが、

ルーティンに家事も取り入れて、少しでも家庭貢献を考えています。

夫でもできる家事の紹介は以下の記事もご確認ください。

※年末年始の体調不良で起床時間で少しずれが生じてきましたので修正必至です。。。

元メジャーリーガーのイチローなども朝ご飯は決まってピザを食べる等、

ルーティンがあることが有名ですが、

そうした優先順位の高くないことに集中力を割きたくない、

野球に集中して取り組むための工夫と言えるかもしれませんね。

習慣化するためのコツなどは、私の過去の投稿もご参考いただければと思います。

まとめ:ルーティン化で大事な目標に集中しよう

以上、ルーティン化することでのメリットや私の習慣の紹介でした。

習慣づくまでは意識して行動するため、疲れるかと思いますが、

ルーティン化・ルール化することで優先順位の高くないタスクに対して

脳の疲労や時間を削減することができ、

大事な目標や行動に優先的に時間・集中力を注ぐことができるようになります。

新年あけて、有意義な目標を立てられている方も居られると思います。

その目標の実現に向けて努力できるよう、

努力のための時間創出・集中力の配分ができるように

頑張っていきましょう。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました