【目指せ遅刻ゼロ】約束時間を守るべき理由と遅刻対策

時間を守れなさそうなイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

昨日からセンター試験が始まりましたね。

電車でやたらと参考書を開いている学生が多いなー

と思っていたら、そんな時期でしたか・・・

私自身も学生の頃、浪人時代も含め2回も受けたのですが、

あれから15年以上も経つと思うと

時の流れを感じます。そしてそのセンター試験も今年で最後ですね。

受験生の皆様には悔いのないように受けてほしいものです。

さて、センター試験も、資格試験も同様ですが、試験などはいかなる理由があれ、

受験時間を守らないと受験資格をも失います

それまで築き上げた努力を試す機会すら失われます

まっとうな理由があっても、遅刻をすれば公平性を保つために

受験を許されることはないでしょう。

試験ほど大事なものではなくても、普段の集合や打ち合わせなど、

平気で連絡なく遅刻する人がおり、それはとても残念だと思います。

今日は、時間を守る大切さを紹介させていただきます。

約束時間、集合時間など、時間は守るべきです。社会人だからというだけでなく、自分を守るためにも大事ですので、参考になれば幸いです。

時間を守れず焦っているイメージ

お金は増やせるが、時間は増やせない

「お金がない、お金が欲しい」とよく金銭がないことを嘆いている人を

よく見かけます。

ですが、お金は増やせます

「途方もない額が欲しい」というのは別ですが、労力を削って

働けばお金を稼ぐことができます。

また、足りない部分はローンやクレジットなどを利用して、ある程度まとまったお金も得られ、

やりくりすることもできます。

しかし、時間は貯蓄することもできません。減り続けます。

一日24時間、老若男女・貴賤問わず平等に与えられ、人によっては多めに与えられる、

ゆっくり流れる、というようなことはありません。

また、時間は余るという概念もありません。

24時間たてば繰り越されることもありません。

なので、世界のエクゼクティブはお金の多寡よりも、

時間を無駄に奪われること、無駄に使われることをとても嫌います。

お金は増やせるが、時間は増やせないことを知っているからです。

なので、普段から遅刻せずに時間を守り、

ルーズにならないように過ごすのはとても重要です。

会議や仲間との集まりに5分遅れる、たかが5分と思うかもしれませんが、

メンバーの5分を奪ってしまう事になります。そしてその5分は返ってきません

多くの人は500円を無駄に失う事をネガティブに感じますが、

5分が無駄に流れることは無頓着という人は多いのではないのでしょうか?

実は長い目で見ると、5分を失う事の方がインパクトが大きいんじゃないか、と考えています。

そんな皆様に、時間を守る重要さ・重要な理由と、

守れるようにするコツを紹介させていただきます。

時間を守らない人とは仕事をしない、信用できないという人は多い

信用しているイメージ

先述した通り、「時間を守らない人は信用できない」と集合に遅れたり、

会議に間に合わない人との交流や取引を打ち切る方も少なくありません。

また、時間を守らない人は、その人との時間を優先していない・大事にしていない、

と思われ、とても残念がられます。

少しぞんざいに扱われていると感じ、ショックを感じるでしょう。

時間を守る=その人の信用力や約束を守る力がある、と認識し、

何かを任せるに足る人かどうか、見定められているのです。

そしてその信用が崩れると戻すことはほぼ不可能です。

なので、ルーズな性格のご自覚がおありであれば、

「あいつは時間にルーズだからなぁ」と笑ってすまされているうちに、

時間のルーズさを治すべきです。

急病、ハプニングの際は心配してもらえる

急病になっているイメージ

普段から集合時間に遅れがちな人は、その時間に連絡なく集合場所にいなくても、

「いつも遅れているからまた遅刻か」と諦められがちです。

本当に事故に遭っていたり、トラブルに巻き込まれていても、

メンバーからのアクションが遅れがちになります。

もし、

  • 急病で動けない
  • 一人暮らしで出かけようとしたときに倒れた

となったときは一刻を争う事態になりますが、

その時に誰からも気づかれにくくなっている・・・

良い方は悪いかもしれませんが、それこそ普段遅刻している日ごろの行い

と言われても仕方がありません。

遅れないようにするにはどうすればよいか?

普段から時間にルーズだといろいろデメリットだったり、

イメージが悪くなることは分かりましたが、どうすれば時間を守れるのでしょうか?

ちなみに私は時間厳守で生きている人間です。時間だけは厳しいです。

そんな私が普段心がけている時間厳守のコツを紹介させていただきます。

到着時間から逆算する

最近の乗り換え検索サイトなどは電車の経路だけでなく、

出発時間・到着時間を指定して経路を指定することができます

その到着時間を指定して出る電車やバスを利用しましょう。

ちなみに、言うまでもないですが

検索サイトに出る到着時間は電車が駅に着く時間です

駅から集合場所まで距離がある場合は、

その時間も計算して到着時間を調べてください。

早めに到着して買い物とかお茶してゆっくりしておく

大事な打ち合わせの時はめちゃくちゃ早めに行って、

何ならお茶とかできるくらいゆっくりしましょう。

大事な取引先との打ち合わせであれば、一度打ち合わせ場所まで行って下見をしたり、

近くでお茶をして打ち合わせ内容や資料の確認をしましょう。

飲み会など、プライベートの集まりであれば、

ウコンなどの飲み会グッズなどを買ったり、

二次会に行く場合の店の当たりを付けるために近くをうろうろしてみましょう。

二次会に行くとなったときにスマートに店をピックアップできれば

素敵な人と思われます。

早めに行って準備などして、評価が上がるならいいことずくめですね

家を出る予定時間の5分前に出る

「何を言っているんだ?」と思われるかもしれませんが、

意外と家を出るときに、

  • 忘れ物に気づく
  • 家の鍵が見つからない

などなど・・・

想定外の出来事で予定時間に家を出られない可能性があります

この時間に家を出れば予定の電車に乗れる、

といった出発時間より5分早く家を出ましょう。

バッファ(余裕)を持たせて家を出るようにしましょう。

家族の話になるのですが、「家の鍵を探していたら遅れた」とか、

「家を出る前に子供がぐずりだしたので遅れた」とか・・・

うちの義姉がよくそういった言い訳をしながら遅れてきます。

時間通りに着いたためしがありません。

言いたい気持ちはわかるのですが、

そういうハプニングが分かっているなら、

なおさら出発時間をはやくしろよ・・・って感じです。

何回同じ理由で遅れてくるんだって感じです。

うちの義姉の話は、以下の記事もご参照ください。

5分早く、予定通り出れた際はその分早く到着すればいい話ですし、

本やスマホゲームなどを常備しておいて、

いつでも暇つぶしをできるようにしておきましょう。

家を出る直前に子供がぐずって時間かかったとよくいう人がいますが、それを計算して集合時間の設定、前もって相手に断っておくなどしておくべきだと思います。

遅れそうと思ったとたんに、すぐ相手に連絡

そうはいっても、不慮のトラブルにより遅れるのが予想されることがあります。

遅れそうと思ったときは、結果的に「遅れない」となったとしても

メンバーに連絡を取りましょう。

時間にルーズな方は、この「遅れないで集合時間に間に合うかもしれない」

というところで連絡が遅れがちになっているのではないでしょうか

もしくは連絡するほどの事でもないと、お考えかもしれませんね。

これは私の個人的なイメージ・偏見がありますが・・・。

遅れそうになった時点で連絡するメリットは以下です。

  • 結果遅れなかったときに頑張ったと思ってくれる
  • 遅れそうになったときに相手に迷惑をかけない。無駄な時間を作らない

また、遅れることが濃厚な場合は、到着予想より、少し遅めに行っておきましょう

10分遅刻しそうなときは15分遅刻と言っておくことですね。

少しずるがしこいですが、少し余裕をもって伝えておくと、

向こうもイライラしないですし、

遅れたうえに、間に合うか・間に合わないか際どい時間を伝えて、

それでも遅れるとなったら、それも最悪です

目も当てられません。

余裕を持った時間を伝えておきましょう。

まとめ:時間を大切に、電車の遅れとかは言い訳にならない

以上、約束時間に遅れたときのデメリットの紹介と遅れないためのコツの紹介でした。

早めの準備と想定外に備えた準備をし、到着時間を意識した移動を心がけましょう

「早めに着いたらこっちの時間が無駄になる」

とお考えの方もいるかもしれませんが、それは

自己中心的な考えだと思いますし、

ご自身の時間はコントロール可能な過ごし方をできます。

ですが待たされる方は待たないと仕方ないし、

コントロールできない過ごし方を強制されます。

また、「電車など公共機関の遅れは仕方ないじゃん」と考えがちですが、

それも言い訳になりません。

電車やバスの遅れは、そのせいにしたい気持ちも分かりますが、

公共機関の遅れを理由に

試験や面接の受験を許してくれるわけではありません。

いかなる理由にせよ、おそらく受験を許されないところが

ほとんどだと思いますね。

仕事の精度に自信が無くても、時間を守ることだけ肝に銘じておけば

社会人として評価は落ちずにやっていけると思います。

もし「自分は時間にルーズだな」とご自覚の方がおられれば、

取り返しのつかない事態になる前に

「時間を守られる人」・「遅刻しない人」・「集合したら絶対に先着している人」

になれるようチェンジしていただけますと幸いです。

転職会議

時間を守れる方って素晴らしいと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました