【引っ越しの値引きや手続き】後悔しない引っ越しをするために

引っ越しするイメージ

おはようございます。今日もご来訪、感謝です。

前回は賃貸物件の探し方についてお話しさせていただきました。

今回は無事良い物件を見つけて、「さぁ引っ越すぞ」という流れになったときに

気を付けておくべきことを紹介させていただきます。

引っ越し業者の探し方について

まず、業者をどう探すかですが、これは引っ越しサイトで一括見積がいいでしょう。

後で述べますが、相見積もりだと値引き交渉しやすく、

引っ越し業者に関する情報がより多くなるからです。

情報は多い方がいいですからね。

お願いする引っ越し業者が会社の規程等で決まっている」というパターンがあれば、

もうここは飛ばしてくれていいと思います。

引っ越しサイトは以下のようなサイトがあります。最近CMも出ていますね。

引っ越し侍

引っ越し見積もりが一番安い業者を選べる無料比較サイト【引越し侍】
全国339社の引越し業者の見積もりをネットで比較できる【引越し侍】なら、一番安い業者が選べる!簡単な入力で引越し見積もりの一括依頼や、ネットからの業者予約が完結し、最安値の業者を探せます。ご利用はいつでも完全無料!その他、引越し料金・費用の相場や、各業者のランキング・サービス内容・口コミ、手続き・準備や荷造りなどのお役...

あまり知られていないですが、こんな引っ越し見積サイトもありますので、

是非ご参照いただければと思います。

LIFULL引越し見積もり

引っ越し業者との値切り交渉について

値切り交渉は複数業者で行い、相見積もりしましょう。

実際引っ越しの際の荷物の量がどれくらいあるのか、

自宅に引っ越し業者の営業担当者に来てもらって、荷物・家財を確認しながらの

見積もりになります。あとは忙しい時とか時間帯を指定するなど、

スタッフを拘束するオプションを付けると高くなります。

大抵のパターンは、

これだけ安くするから、サービスをつけるのでこの場で契約してください

と言われます。

要は他の業者の見積もりが入る前に当社で契約してくださいということです。

私の見解ですが、ここでそれを受け入れてしまい、業者を決めてしまうと、

うまく値引きができないと思われます。

繁忙期であれば、確かに返事を保留して決断を後回しにすると

引っ越し業者が別で決まってしまうのではないか、そんな不安になるのは分かります。

ただ、引っ越し業者はいくらでもあります

大事なのはどこか見積もりを出してもらって、見積書があることです。

見積書があれば、これを材料に他と交渉するのが重要です。

経費のやりくりが厳しい昨今、社会人の方であれば、

経費精算の際に会社で相見積もりをとるよう言われている」などと言って

一社で決められないということで見積もりをもらいましょう

実際異動に伴う転居で、経費として引っ越し費用が下りる企業では、

相見積もりを取るように言われる会社もあります。

たいがいそれで引っ越し業者は引き下がります。

見積書を出して返事を待ってくれます。

引き下がらない業者は、たぶん接客的やサービスの内容に問題があるので、

それはもうお願いするべき業者ではありません。

一つ見積もりをもらえればこっちのものです

他の会社で「〇〇社で御社より安い値段で同等サービスでやってくれるので、

そちらでお願いする」

など言って交渉材料にすることができます。値引きがなくても、

付帯サービスで納得できればそれでもいいと思います。

※うまくいくかどうかは自己責任でお願いします。

また、値引き交渉を期待して返事を保留してもらっていても、

それは業者を仮予約している、という事ではありません。

相見積もりするにしても早めにお返事できるに越したことはありません。

繁忙期の引っ越しなどは焦ることもあるかと思いますが、相見積もりを取る方がお得になりますので、ぜひ検討ください。
あと、期限が迫っていて契約を焦るという事もありますので、引っ越しは期間に余裕を持つ、できるのであれば繁忙期を避ける、なども検討しましょう。

引っ越しの時にしておくべき手続きについて

引っ越し業者の選定が終わり、引っ越し前後で必要な手続きについて紹介します。

引っ越し前にすべきことは以下です。

今まで住んでいた住所の電気・ガス・水道の転居手続き

同じ自治体への引っ越しだけであれば住所の切り替えで行けると思います。

水道局や大阪ガスや東京ガスのガス会社・電力会社など、契約している会社に

サイトで連絡やWeb手続きで良いと思います。

その際に普段の利用請求書の控えがあれば、お客様番号が記載されているので

手続きがスムーズかと思います。

インターネットの住所切替手続き

もちろん、インターネットも住所変更・新規契約が必要になります。

もしかしたら住んでいたマンションが棟全体で契約していたインターネットで、

ケーブルにLANを挿せばネットを使えた!

というのであれば、新居でのインターネット契約先を探すところからスタートかもしれません。

そのままインターネットを使いたいのであれば、引っ越しの手続きをしましょう。

いままでマンションだったのが戸建てになるのであれば、

インターネットの契約プランが変わりますので注意してください。

今まで住んでいた自治体への転居手続き

市役所など行って、転居手続きをしましょう。

その時にもらえる転居届の控えは、新住所の自治体に提出しますので必要になります。

クレジットカード・銀行口座など金融系の変更届

クレジットカードなど、何かあったときの連絡が来なくなるので会員サイトなどで

届け出をしてください。

銀行口座は、何か振替登録や口座を利用するときに、

現住所と、銀行の届の住所が異なると手続きできない場合があるので、

できればしておきましょう。

銀行のサイトやフリーダイアルに電話をすると手続き方法を教えてくれます。

旧住所に届く住所の転送届

変更手続きしきれない関係者から旧住所に郵便される場合は、

最寄りの郵便局へ転送届を

しておくことで新住所に郵便物を1年間転送してくれます。

児童手当の切替

私も子供ができてわかったので、追加しました。

児童手当はその市町村・自治体ごとでの手当になりますので、

引っ越しして自治体が変わると旧住所の手当はキャンセルし、

新住所への切替手続きを行う必要があります。

どんな手続きが必要かは旧自治体の役所や、ホームページをご確認ください。

もしかしたら東京23区や大阪市などの区域内での引っ越しは、

切替の手続きが不要になる可能性があります。

引っ越し後の手続き

転居届を持って新住所への住所登録をしてください。

転居届を旧住所にだしてから、2週間以内に手続きをする必要があります

住所登録を行うことで、住民票に住所が反映されます。

新住所での電気・ガス・水道の開通手続き

旧住所の解約時に教えてくれると思いますが、

電気・ガス・水道など生活インフラを使えるようにするために、

少し作業が必要になります。

ガス会社であれば立ち合いが必要になります。

これらもろもろをチェックリストに用意しておくと便利

チェックリストのイメージ
チェックリスト

だいたいこれぐらい把握しておけば新生活のスタートに困らないと思います。

後は自転車の契約・車の契約切り替えなど、個人で必要な手続き位だと思います。

これらをチェックリストにしてスマホのメモなどに用意しておくと、

引っ越しのバタバタ時にも確認しやすくなります

まとめ:引っ越しはエネルギーがいるが、準備をして新生活を楽しみに!

以上、引っ越しの時のお得な相見積もり・必要な作業や手続きについてでした。

引っ越しっていろいろエネルギーを使う、大変なイベントですが

新生活は不安と同時に楽しいスタートでもあります。

転居をうまく進めるための準備の書籍もありますので本屋で読んでみてください。

しっかり準備をして、楽しいスタートを切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました