【後悔の無い就活を】就職・転職活動で必要な準備について

就職活動

皆さんこんにちは。今日もご来訪、感謝です。

世間で大学生・大学院生の就職活動も本格化していると思いますが、

就職活動しないといけない時期に差し掛かったとき、

まずはどのように始めればよいのか悩んでいる方も居られると思います。

私は2008年ごろに起きたリーマン・ショックの影響で就職活動はとても苦労しました。

その時に得た教訓や振り返りを踏まえ、就職活動を始められる皆様に少しでも

参考になるように就職活動に必要な準備を紹介させていただければと思います。

ちなみに、新卒の就職活動だけでなく、

中途の就職活動にもある程度役に立つと思います。

お役に立てれば幸いです。

就職活動も転職活動も、同じ採用活動なので心がけで共通する点はいろいろあります。

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

自分のこれまで頑張ってきたことを洗い出そう

まずは、これまでの人生の中でご自身が頑張ったことや

一生懸命取り組んだことを整理しましょう。

今後就職活動で面接まで選考が進んだ時に絶対に聞かれる観点ですし、

ご自身が夢中になれるものが、やりたい仕事がどこにあるかを考える良いきっかけです。

いわゆる自己分析というものですね。

洗い出すポイントは以下のような感じです。

  • がんばったイベントや取り組みはそもそも何がきっかけだったのか
  • 苦労したポイントは何か
  • 挫折した場合はどう立ち直ったのか
  • その苦労をどうやって乗り越えたのか
  • その結果どのように取り組みを完結させ、何を学んだのか(成功・失敗は問わない)
  • その時の経験は今、どのような形で生きているのか

自分の歴史みたいなものを作るイメージですね。

これまでどのような体験をしてきて、何を学んできたのか、

どう乗り越えてきたのかを考えてみましょう。

大学生まで歩んできた皆様は、

何かしらの苦労や困難・一生懸命取り組んだ何かがあるはずです。

別に大きなイベントや取り組みでなくても良いです。

バイトリーダー頑張ったとか、世界一周したとか、自転車で日本一周したとか、

団体を立ち上げて100人規模をリードしたとか、そんな派手なものでなくても良いです。

アルバイトを一回もやすまず頑張ったとか、そんな基本的な内容で十分です。

一回も休まず頑張ったという事は体調管理やスケジュール管理で無理が無いように工夫した、

ということなので、そこにアピールできる材料があるはずですし。

就職活動は良いきっかけです。自分の人生を振り返り、整理するチャンスととらえ、

前向きに取り組んでみましょう。「自分史」の勉強と整理をする、みたいなものですね。

自分が何をしている時に楽しかったかを洗い出そう

少し上の記載と重複している話かもしれませんが、

何をしている時が楽しかったのか・夢中になれたか考えてみましょう。

趣味とか特技を考えがちで、それもOKなのですが、もっと地味なものでも良いです。

(何をするにも計画を立てて、夢中になってしまうとか、そんな作業的なものでもOK)

箇条書きで良いのでどんどん書いてみましょう。

家族や友人など、見回りの人に聞いてみるとより幅広く整理できますね。

箇条書きで書き溜めたものを眺めていると、

おそらくグルーピングできると思いますので、

ざっくり3種類くらいにグルーピングし、どんな作業カテゴリー化を考えてみましょう。

ご自身の夢中になれる作業がどんな作業カテゴリーなのかを考えることで

自分が夢中になれる職種・キャリアを考える基礎になります。

転職の観点にもなりますが、ご自身の適性がどこにあるかを考えるコツは

以下の記事でも紹介しておりますので、ご確認ください。

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

頑張ってきたこと、楽しかったことを踏まえ職種・業界を考えよう

先ほどあげた、これまで頑張ってきたこと、楽しかったことを踏まえ、

「自分はどんな職種・業界が向いているのだろうか」を考えてみましょう。

このタイミングでリクナビやマイナビなどのリクルートサービスに会員登録すると、

ブレずに情報収集できると思いますので、有効だと思います。

職種一覧は、以下のようなサイトでも紹介されておりますので、

参考にしてみましょう。

職業一覧 -650種類の職業・仕事の分野別一覧 / 職業調べ | 職業情報サイト キャリアガーデン
「なりたい!」が見つかる職業情報サイト

リクルートサービスは複数登録して、幅広く情報収集すべきです。
一社、一人のエージェントだけでは情報が偏る可能性があります。

職種・業界を研究したいときはセミナーなどで情報収集しよう

職種・業界を探すとは言っても、ネットの情報だけではなかなか探しきれないし、

情報も偏りがちです。

なかなか職種や業界を探せず悩んでいる方は「四季報」などの情報誌を読み込む、

多くの企業が集まるセミナーなどに参加する、

先輩から話を聞くなど、いろんなツールから情報を収集しましょう。

一度は聞いたことがある大手企業から、

BtoB(消費者ではなく企業(Business)に商売をしている企業)で世間的に知名度が

少なく、なかなか知らない企業、

ニッチな分野で知名度はないがその筋では優良な企業など、知らない企業に

たくさん出会えると思います。

多くの企業の情報を収集して選択肢を多くしておきましょう

セミナーなどは1回か2回参加して情報収集すれば十分です。何回行っても薄く広い情報が手に入るだけなので、活動し始めの最初のころで十分だと思います。

まとめ:気に入らなかったら転職もアリ!気楽に考えよう

以上、簡単ですが就職活動を始めるために必要な準備の紹介でした。

自分は何に一生懸命になるのか、苦労して何を学んだのかをしっかり洗い出し、

ご自身のキャリアは何が良いのか、しっかり考えましょう

もしかしたら考えた結果、一般企業ではなく、公務員や芸能関係かもしれませんし、

海外に留学したいとかあるかもしれませんし、幅広く考えてみましょう。

また、以前の記事でも紹介しておりますが、新卒がすべての終身雇用時代も

終わりを迎えようとしております。

新卒で成功しようと思って考えすぎてしまうより、

「行ってみないと分からんからとりあえず

入社してみよう」くらいの気持ちでフットワーク軽く考えた方がいいと思いますね。

転職を何回か繰り返している私としての意見は、就職はやり直しがききます

是非、「これだ」とおもったチャレンジは思い切って踏み出してみてください。

きっと人間的に大きく成長できます。

自分のキャリアは一生懸命考え、後悔のない就職活動をしてくださいね。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました