【確定申告】医療費控除で少しでも医療費を還元しよう

確定申告をしているイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

つい先日、令和元年度の確定申告で医療費控除の申請を行いました

去年はいろいろと医療費でお金を費やしたので、還付が欲しいと思い、

一生懸命調べて申請をしました。

いろいろと書類を準備しないといけないのですが、

やっておくと昨年かかった医療費が返ってくる場合があります。

本日はそんな医療費控除の仕方を紹介させていただきます。

私は、今回初めて医療費控除申請を行い、やり方を分からず、苦労した点があるので、

自分の備忘録も込めて記事を作成させていただきました。

また、別の記事では高額医療申請の仕方も紹介しておりますので、

そちらもよろしければご確認ください。

行政でもビジネスでもそうなんですが、

保険料や税金など、消費者側が払わないといけないものはうるさく言ってくるのに、

企業・自治体から消費者に還元しないといけないものはあまりオープンではなく、

消費者・住民側から言ってこないと対応してくれません。

そこは義務と権利の違いでしょうかね。

残念ながら税制・保険関連で少しでも得をしたければ自分から情報を得ないといけません。

ちなみに行政の方から還付金関係で電話してきたり、個別にメールを送ることはないありません。

連絡が来る時は詐欺の可能性が高いので注意してください。

私が体験した控除・還付の仕組みについては、適宜ブログで紹介させていただきますね。

医療費控除とは

医療費控除とは、ざっくり言えば、その年の1月1日から、

12月31日までかかった医療費が

10万を超える分は返還します、という控除になります。確定申告で実施します。

※ご自身が納めている税金を超える控除はできないので、必ずしも10万をこえる額が全部返ってくるとは限りません。

また、配偶者や、親族など、生計を一にしている人も合算することが可能です。

その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額(下記3参照)の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1120.htm より引用

今日はその申請を行うための準備や手続きを紹介させていただきます。

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

準備 病院・薬局などから領収書をもらっておく

まず、日ごろ受診している病院・薬局などの領収書をもらっておき

しっかり保管しましょう

ちなみに、スーパーやドラッグストアで売っているような一般医療薬も

控除の対象になる場合がありますので、そういったドラッグストアなどのレシートも

保管しておくことをお勧めします。

平成29年1月1日以後に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の特定一般用医薬品等購入費を支払った場合において、自己がその年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の健康診査や予防接種などを行っているときは、通常の医療費控除との選択により、その年中の特定一般用医薬品等購入費の合計額(保険金等により補填される部分の金額を除きます。)のうち、1万2千円を超える部分の金額(8万8千円を限度)を控除額とするセルフメディケーション税制(特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例)の適用を受けることができます。

国税庁HPより引用

受けた人・医療機関ごとで医療費を集計しておく

保管しているレシート・領収書は、受診した人・医療機関ごとでグルーピングし、

医療費額の合計を控えておきましょう。

医療費控除の対象としては、生計を一にしている世帯なので、

家族の額を全部合算することが可能です。

だいたい新年度の2月中頃から確定申告可能になるのですが、

そのころにその合計の金額が必要になります。

夫のA病院は〇〇円・妻のB病院はXX円・・・ といったような感じで

グループ毎の合計額を用意しておきましょう。

病院の領収書には保険証の被保険者名(≒患者の名前)が書かれているので、その名前ごとで整理しておきましょう。

年明けに届く 医療費のお知らせを保管しておく

所属している社会保険・国民保険など保険協会から

年明け 1月から2月の間に「医療費のお知らせ」が届きます。

これを利用すると領収書なしに医療費控除の申請ができますが、

これに記載されているのは

その年の1月から10月くらいまでの、少し中途半端な期間になります。

記載がない期間の医療費はやはり領収書での申請が必要になりますので、

うまく併用しましょう。

「医療費のお知らせ」は直接皆様の元に届く場合もありますし、

職場が一括で受け取って、総務などの部署から一括して配布している場合もありますし、

所属している協会によっては申請しないと取得できない場合もあります。

まずは総務系の部署、所属している協会のホームページなどで確認しましょう。

国税庁のホームページから確定申告コーナーに入る

領収書や医療費のお知らせなどを準備できたら、いよいよ確定申告の開始です。

上記に加え、最新の源泉徴収票も必要になりますので手元に用意しておきましょう。

確定申告のリンクがある国税庁のページはこちらです。

※年度ごとでURLのリンクが変わる可能性もありますので、リンク切れしていたらすいません。

所得税の確定申告|国税庁

確定申告のページで行うこと

確定申告ですが、実は「e-tax」というツールででオンラインで申請可能です。

しかし、マイナンバーカードとある程度のパソコンの環境が必要です。

以下サイトもご確認ください。

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
国税電子申告・納税システム(e-Tax)の概要や手続の流れ、法令等に規定する事項など、e-Taxを利用して申告、納税及び申請・届出等を行うために必要な情報やe-Taxについてのお知らせを掲載しています。


マイナンバーがあるといろいろ自宅・オンラインで行政の申し込みができるので楽ですよね。私も申請しないといけないです・・・

私はマイナンバーを持っていないので、オンラインで記入し、

郵送するパターンで提出しました。今回はその方法を紹介させていただきます。

源泉徴収票記載の数値など入力

最新の源泉徴収票に記載されている所得額や控除額など、記入します。

この辺りは申請画面に従えば問題無しです。

医療費の入力

先ほど整理した、受診した人・医療機関ごとの合計額ごとに医療費を入力していきます。

※ここで「医療費のお知らせ」で入力されていた分は引いていきましょう。

また、保険や行政の助成金を受けている場合はその金額も記載してください。

この辺りは基本的に案内に従えば問題ないです。

申請内容をプリントアウトし、郵送

確定申告提出のイメージ

ここまで書き終えたら、申請内容をプリントアウトし、郵送しましょう。

どれをプリントアウトするかは、

申請の画面の最後にPDFがダウンロードできますので、

すぐわかると思います。

また、郵送先は在住している自治体管轄の税務署になりますが、

それもプリントアウトする資料で分かります。

最後郵送する際は、

マイナンバー番号記載の住民票と身分証明書のコピーが必要になりますので

用意してください。

※マイナンバーって結構必要になりますし、持っているとコンビニで住民票を

印刷できたりとかいろいろ便利ですのでマイナンバーを取得しようか悩み中です。

これまた申請がめんどくさいんですよね・・・

郵送が終わり、問題なく申請が終わると、管轄税務署から「受領書」みたいなものが

郵送されるので、後は医療費控除を待ちましょう。

ここから先は自信がありませんが、

おそらく控除分が銀行などに振り込まれるのではなく、

次年度の住民税に控除が入ると思われます。

(毎月請求される住民税が減額されているようになると思います)

まとめ:普段から医療関係の領収書は保管しておこう

以上、確定申告による医療費控除の申請方法の紹介でした。

今はオンラインで申請できますので、わざわざ税務署に行かなくても申請できます。

重要なのは医療費関連の領収書を普段から保管しておき、

10万をこえる場合は返ってくるので

ぜひ利用すべき、という事です。

医療費はやはり命に関わることなので、このような控除を利用して、

少しでも負担を減らし、積極的に医療を受けられるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました