【仕事帰りの一杯】なぜ疲れた時にお酒を飲みたくなる?

お酒で楽しむイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

私はお酒が好きで、アルコールがあればビール日本酒ウィスキー焼酎など、

なんでもOKなのですが、仕事から帰ってきて晩酌をするのが楽しみになっております。

「缶ビール1本だけ。。。」と思うのですが、

ついつい1本、2本。。。と増えてしまうこともあります。

しかし、私がお酒好きなだけかもしれませんが、

仕事帰りのような心身共に疲れた時に、帰り際に店に寄って、または自宅で晩酌で、

一杯ぐいっとお酒を飲みたくなるのは私だけではないはず。

あのお酒を飲みたい思いにかられてしまうのはなぜなのでしょうか?

そしてあの一杯を飲んだ時にとても幸せな気持ちになるのはなぜでしょうか?

調査したら、少し考察してみました。

20歳以上のお酒好きな方は、ぜひお酒を片手に一緒に考えてみてください。

【a】Uber Eats  フード注文

お酒を飲みたくなってしまうメカニズムを考えてみました。

ドーパミンが分泌され、幸せな気持ちになる

お酒を楽しんでいるイメージ

ビール・日本酒・ウィスキー・・・アルコールを摂取すると、

気持ちを高揚させ、楽しい気分になるドーパミンというホルモンの分泌を促します

加えて、心身の安定や心の安らぎなどにつながり、

不安や恐怖心を鎮めるセロトニンというホルモンの分泌を促します

特にセロトニンは人間の精神面に影響を与えます。

セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症など、

精神疾患に陥りやすいと言われています。

セロトニンの分泌は体にとってとても大切です。

また、心拍や血圧を上げる副腎皮質ホルモンや、

ストレスに反応して分泌されるノルアドレナリンなどの分泌を抑制するので、

心身を落ち着かせる作用があるのです。

良いことだらけに見えますが、

ほどほどに飲んでいるからこそのストレス緩和であって、

常にお酒に頼って慢性的にアルコールを摂取していると

肝臓など臓器に負担がかかり体を壊しますのでくれぐれも適量に。

【a】Uber Eats  フード注文

アルコールで疲れを紛らわせる

先ほど挙げたドーパミンの効果から来るのか、

アルコールを飲むと気分が高揚して、

痛みやマイナスでネガティブな気持ち・感情がまぎれる感じがします。

あくまでも、まぎれている、ごまかされている、隠れているような感じで、

おそらく根本的な心身のストレスは治っていないとは思いますが・・・

痛み・ネガティブな気持ち、そういったストレスを紛らわすために、

お酒を飲んで忘れる」ということをしたがる大人が少なくないのでしょう。

以前の記事でも書かせていただきましたが、エナジードリンクと同じように、

「紛らわす」効果を求めているのかもしれません。

しかし、それはお酒の力を借りて、少しの時間しんどいのをごまかしているだけです。

根本的な気持ちの立ち直りはしていません。

疲れを紛らわしているように、ネガティブな気持ちを紛らわしているだけで、

アルコールが覚めるとネガティブな気持ちが揺り戻されます。

お酒を飲んで、現実に向き合う活力を得られたら、

しっかり問題解決に取り組みましょう。

お酒ばかりに逃げていると、体にも悪いですし、依存症に近づいてしまいます。

お酒で気持ちを紛らわせるのも良いですが、お酒を飲んで悩みが解決するわけではありません。お酒を飲んで元気が出たら、明日からまた頑張りましょう。

疲れているので糖分を欲している

以前の記事でも投稿させていただきましたが、

疲れている時は脳が糖分を欲するようになります。

お酒のアルコールはグルコースなどの糖分から作られるものですので、

お酒には基本的に糖分が含まれます。

きっと疲れている時に甘いものを求める欲求と同じように、

脳がお酒を通じて糖分を本能的に求めるのかもしれませんね

しかし過去の記事にも書かせていただきましたが、脳が疲れて甘いものを求めるのは

安直に疲れを取ろうとするため、脳の老化につながってしまいます。

何事もほどほどを心がけてください。

【a】Uber Eats  フード注文

仲間と話せばストレス発散にも

お酒を楽しんでいるイメージ

お酒好きな私の観点でのストレス解消ですので、あくまでも主観的な話です。

ほろ酔いで良い気持ちだと、舌も滑らかになり、心を開いて話しやすくなります

あまり本心を話せておらず、やきもきしていることがあるのであれば、

その人と本音を語り合ったり、

普段気の置けない仲間たちと近況を話すことでストレス発散になると思います。

口が滑らかになりすぎて、余計なことを話過ぎて失敗するという面もありますので、

諸刃の剣でもありますね・・・

もちろん、お酒を強要するつもりはありません。

しかし、おいしいものを食べそれを肴にお酒を飲み、語り合う

という楽しさもまた魅力の一つです。

「ちょっとあの人と仲良くなりたいな」とお考えであれば、

もし心を許せばやってみてください。

ビール片手に焼き鳥 日本酒片手に魚のお造り、でも十分お酒は楽しめます

【a】Uber Eats  フード注文

仲間とお酒を交えながら話をしていると、気持ちが晴れたり、会話の中から悩み解決のヒントが得られることもありますね。

まとめ:飲む量は程々にすればお酒も楽しいもの。お酒を楽しもう

以上、疲れている時にお酒を飲みたくなる理由の調査結果でした。

アルコールの良い面・悪い面含めて、気持ちを高ぶらせる、

疲れを紛らわせる効果があります。

確かにお酒は適量だと良いものですし、ストレスの緩和にはいいかもしれません。

しかし、お酒でしかストレスを発散できないと、次第にお酒の量が増えてしまい、

体を壊す・依存症になってしまう事もありえます。

お酒は適量を守り、またストレス発散方法はいろいろあると良いと思います。

運動する。読書や音楽鑑賞など・・・他のストレス発散方法も取り入れてみましょう。

お酒はほどほどに、酔いつぶれて周りに迷惑をかけない程度に、

おいしく楽しみましょう。

以上です。

【a】Uber Eats  フード注文

コメント

タイトルとURLをコピーしました