【お見舞いの勧め】知り合いが入院したらお見舞いに行こう

お見舞いしているイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

今日はお題にもありますが、家族や友人など、身近な大切な人が、

不幸にも入院してしまった時、あなたがどうすればその人を元気付けられるか、

退屈な思いをせず、少しでも楽しく過ごすことができるよう手伝えるか、

紹介させていただきます。

入院すると何かと不安ですからね。お見舞いに行ってあげるととても喜ばれます。

スマートフォンをいじってネットサーフィンやゲームばかりしていると、

無線LANが提供されている病院ばかりではないので、

通信制限などに陥る場合もありますしね。

Wifiレンタルどっとこむ

私も入院をしたことがあります

入院しているイメージ

かなり昔になりますが、私も入院したことがあります。

期間は1週間くらい、比較的短めですが

その時多くの知り合いに見舞いに来てくださり、不安な入院生活を、そこまで憂鬱なく

過ごせたと思います。その時の経験・助けられた感謝もあり、

友人が入院した場合はできるだけ顔を出してあげています。

やはり自分がうれしかったことはやってあげたくなるのが

人情というものです。

自分が受けたありがたい支援はできるだけ広めていきたいと思っております。

入院はとにかく暇

暇な人のイラスト

平均的な入院日数は、昔に比べると、今は減ってきているようです。

いろんな病床を総括した平均入院日数ですが、

H14年からH28年のおよそ15年で3週間から2週間ほどに短縮されています

効率的に治療できる技術・環境が整ってきたのもありますし、

社会保険の圧迫で、患者側も、病院側もできるだけ医療費を抑制したいというのもあるのでしょう。

また、話は変わりますが入院の費用は高額医療控除の手続きをすると

かなり費用を短縮できます。よろしければ以下の記事もご参照ください。

また、確定申告の際に、医療費控除を申請することも可能です。

入院中は定期的な検診や検査が入りますが、基本的には暇です。

何が原因で入院しているかによりますが、

基本的に院内で生活することを余儀なくされ、

外出は基本的に不可能です。

21時ごろには消灯され、

暗闇の中で夜中楽しく過ごすことも難しいです。

また、テレビなども、テレビカードなどの有料になっており、

贅沢にテレビも使いにくいですし、

大部屋での入院であれば、周囲にも気を使わなければなりません。

Wifiなどのインターネット環境が整っているとは限りません。

入院している人の体調の良し悪しは人それぞれです。

静養してもらわないといけない患者もいます。

結構入院は周りに気を使うので気にせず過ごすことも難しいです。

また、検査入院などは別にしても、入院は割と急に決まります。

予定に入っていない状態で、準備もバタバタ・・・

暇つぶしに用意するものもなかなか十分に用意できないことも多いです。

最近は病院内にコンビニが入っていることも多いので、生活用品は

ある程度院内でそろえられますが、

総じると、入院ってヒマなんです。

AbemaTV

お見舞いでできるだけ顔を出してあげよう

入院中はヒマですし、病状について嫌が応にも向き合わないといけないし、

周りも病人ばかりで、何かと不安に陥りがちになります

患者以外の、健康な人間が外からきてくれることで、元気が出ますし、

話し相手になってくれることで気分転換、暇つぶしにもなります。

AbemaTV

医学的な見解はありませんが、お見舞いに行くことで気分が明るくなり、

体調回復に役立つこともあります。

人の性格にもよりますが、やはり誰か来て、話などできると楽しくなりますね。

お見舞いを重ねて、病院関係者と顔見知りになることで

入院している友人の病状について聞きやすくなります。

見舞時に守るべきマナー、ルール

当然、お見舞いには守るべきルールやマナーがあります。

働いている医療関係者、他にも入院されている患者さんがおられます。

命に関わることもありますので、最低限のルールは遵守してください。

まず、入院している病院の面会時間・面会場所は守ってください

入院しているベッドではうるさくなったりすることが懸念され、

見舞い者との面会用スペースなど

ちゃんとありますし、また、最近の病院は院内にカフェや喫茶店、

食堂スペースもあります。

そういった、お話しするのに適した場所で面会をお願いします。

また、病院ごとで〇〇時から〇〇時まで、と面会時間が決まっています。

患者さんの体温や血圧などのチェックで看護師さんなどが巡回する時間などは

面会できないので、しっかり面会可能時間は守ってください。

また、煩わしいと思いますが面会時は受付を通り、ちゃんと手続きをしてください

万が一の体調の急変など、何かあったときに誰が通ったのか、面会に来たのか、

病院側は把握しておく必要があります。

手続きが不要な病院もありますので、

そこは病院のルールに従っていただければと思います。

また、面会時に手などの消毒をしてください。病院には消毒用アルコールや

面会時用のマスクなど、常備していることも多いです。

患者さんによっては外部から持ち込まれる菌やウィルスで命に関わることもあります。

しっかり消毒などのケアをお願いします。

何を差し入れすべき?

お見舞いに持ってきてもらって嬉しいものは、何より暇つぶしになるものだと

私は考えております。

メールやLINEで連絡を取れる場合は、

何を持っていけばいいのか聞いても良いと思いますが、

私は漫画や本を持って行っています

クロスワードや数独など、頭を使うものでも良いですね。

最近は病院にコンビニもあります。

あるていど院内を回れる状態であれば、一緒にコンビニに行ってあげて

何かを買ってあげても良いでしょう。

家族であれば、家にあるSwitchやDSなどのゲーム機も

持って行ってあげたりしますが、

基本的に暇をつぶせるものを持って行ってあげています。

「お見舞い 差し入れ ランキング」などでググる(Webで検索する)と、

いろんな派手な差し入れが出てきますが、

食べ物やお花といった、モノ的なものが多く、

あまり暇つぶしにならないものが多いので、ピンとこないなぁ、と思っています。

今は新型コロナの対応でお見舞いも難しいかもしれないし、差し入れも禁止もされているかもしれませんので、事前に訪問先の病院に確認をお勧めします。

お花や生ものはNGかも?

ドラマや映画によくある入院のお見舞いシーンでお花やフルーツ盛り合わせ

お見舞いの差し入れに持って行っているシーンがありますが、

衛生面の考慮や、食事制限をしていることもあるのでできれ

控えておいた方が良いかと思います

どうしてもお花や果物を差し入れにした場合は、

前もって病院や入院しているご本人に

確認してからご用意をしてあげてください。

まとめ:入院は1人で心細い、出来るだけ顔を出してあげよう

お見舞いのイメージ

以上、お見舞いのススメとお見舞いの時に留意すべき事柄の紹介でした。

入院って本当にヒマなんです。マナーや病院のルールを守ったうえで

できるだけ顔を出してあげればと思います。

とはいえ、入院しているご本人の体調が一番重要です。

面会制限や病院側の面会謝絶、本人の体調が良くない場合などは無理に面会せず、

自粛して退院後に回復を祝ってあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました