【アクセス変化分析②】緊急事態宣言中のアクセストレンド分析

分析しているイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

2020年5月6日に新型コロナウィルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言解除予定日

でしたが、やはり緊急事態解除は難しいという事で、

緊急事態宣言、いったんは2020年5月末まで延長ということになりました。

中間評価を14日か15日にするそうで、その時に収まっていれば

解除という判断もあるそうですね。

北海道では、新型コロナウィルス感染拡大の第2波が来ていそうだということもあり、

個人的にはやむ無しかな・・・という思いもあります。

当初、6日までとされた「緊急事態宣言」は今月31日まで延長されました。

新たな感染者は、全国的には減少傾向にあるものの、道内では“第2波”が予断を許しません。

道内では、新たな感染者が45人と最も多かった先月23日から6日までに419人の感染が確認されました。このうち295人、実に70%が札幌市です。札幌市の感染者数が道内全体の数を押し上げています。

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20200507/7000020904.htmlより引用

緊急事態宣言に伴う外出自粛による生活スタイル・仕事のスタイルが

劇的に変化しました。当ブログも緊急事態宣言がでる前と後で、

アクセスのトレンドが大きく変動し、

少し四苦八苦しました。緊急事態宣言の前後でアクセスのトレンドがどう変わったかは

以下の記事をご確認ください。

今回は緊急事態宣言期間の前半・後半でアクセスがどう変わったのか、

検証したいと思います。

同じようにブログトレンドの変化に悩む人の参考に少しでもなればと思います。

検証用の比較期間と主なトピックについて

今回の検証期間ですが、緊急事態宣言の期間をざっくり、同期間(2週間)で、

前半・後半で分けました。

  • 前半:2020/4/8~2020/4/21 ※指定都道府県で緊急事態宣言開始 4/16:全国で緊急事態宣言発令
  • 後半:2020/4/22~2020/5/5 ※ 4/29~ゴールデンウィーク突入

当初の緊急事態宣言解除予定の5/6までは期間を統一する関係で

含めることができなかったですがそこはご了承ください。

前半は外出自粛が始まり、各社でテレワークや在宅勤務、

飲食店でもテイクアウトが浸透しだしたころですね。

後半は外出自粛疲れなど、外出自粛によるストレスが出だしたとされる頃ですね。

どうアクセスに変化が生じているのでしょうか?

検証ツールや見ている項目について

検証に用いるツールは、以前のアクセス分析に用いた

Google提供の「Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)」です。

期間でカスタマイズして検証できるのでサーチコンソールはとても便利ですね。

見ている項目も、前回の分析同様

  • 調べた人の画面に表示される「表示件数
  • 当ブログの記事がどれくらい検索結果の上位に出るかの「平均検索順位
  • 当ブログ記事がクリックされた数の「クリック数
  • 表示件数に対する、クリック数の割合を表す「CTR

を見ています。

これらの項目を中心にアクセストレンドの変化を検証したいと思います。

全体的には表示件数・クリックは増加

まず、全体的な評価から行いたいと思います。

表示件数ですが、日によっては増えたり、減ったりしていますが、前半に比べ、

後半の方が増加し、20%ほど増加しました

表示件数の変化
表示件数の日時推移
実線:前半期間(4/8~4/21) 点線:後半(4/22~5/5)

表示件数が増えたという事で、それだけクリックいただいける露出が増え、

前半に比べ、後半の方が当ブログにクリックいただいた数が増え、

前半に比べ、後半の方が、28%ほど増えました。

クリック件数の日時推移
実線:前半期間(4/8~4/21) 点線:後半(4/22~5/5)

少しずつですが、後半の方にクリック数が増えたのは少しホッとしています。

ではどんなキーワード・記事が増減しているのか、掘り下げたいと思います。

後半に検索表示数が減ったキーワード・記事

まず、検索表示数が減ったキーワードです。

検索数が劇的に減ったワードTop5

緊急事態宣言も後半に突入した際に、

本格的に遊ぶことやセミナーや会議の機会も減り、

それに関する検索が減ったのかなというのが見えますね

この辺りは、緊急事態宣言前は結構アクセスが多かった記事なんですけどね。

緊急時事態宣言が解除された後は検索の勢いが復活して欲しいところです。

【a】Uber Eats  フード注文

後半に検索表示数が増えたものキーワード・記事

逆に検索表示が増えた検索ワードはどうでしょうか?

検索表示件数が増えたTop5のワードは以下のようになっております。

検索数が劇的に増えたワードTop5

在宅勤務や、学校が休校になったことで、消費カロリーに対する意識や、

運動不足を懸念しての事でしょうか?

カロリーに関する検索ワードが多くなってきています

また、少し意外だったのですが、緊急事態宣言前後で激減した、

エンターキーがうるさい、のワードが緊急事態宣言後半で急増しています

在宅勤務中の旦那さんのデスクワークの音が

うるさいと感じるようになったのでしょうか?

これは興味深い結果でした。

このあたりは、緊急事態宣言後も変わらずアクセスが増えればうれしいですね。

CTRと検索順位に大きな変動は無し

表示件数に対するクリック率(CTR)や検索順位に関しては緊急事態宣言の前半・後半で

大きな変化はないです。検索順位についてはむしろ良化しています。

CTRの日時推移
実線:前半期間(4/8~4/21) 点線:後半(4/22~5/5)
検索順位の日時推移
実線:前半期間(4/8~4/21) 点線:後半(4/22~5/5)

検索のトレンドが変わっただけで、当ブログ自体の質に大きい変化はないという事

だと言えます。とりあえず継続してモニタリングはしていきたいと思いますが、

Googleも検索のアルゴリズムを定期的にアップデートしているようなので、

いつも安心はできません。

何が原因で激増・激減しているかは常に分析しないといけないと考えております。

まとめ:検索のトレンドは変わるが、ブログ自体の質に影響なし

以上、緊急事態宣言期間 前半と後半に分けての当ブログアクセストレンドの

変化分析でした。

前半と後半で検索ワードのトレンドの変化が見えて興味深いです。

私のブログはどちらかと言えば雑記ブログに近いので、トレンドが変わっても

ある程度ブログ全体のアクセスが確保できるのでありがたいです。

その代わり爆発的な増加はないですが・・・

記事へのアクセス数が増えたり減ったりするので、それに一喜一憂せずに、

トレンドが変化したその要因をしっかり分析して、

どう対処すべきかを考えていきたいと思います。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました