【DX推進】AI-OCR紹介

AIによる読み取りのイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

今日は久しぶりにDX推進のネタ投稿です。

以前から私は職場でDX推進について積極的に取り組んでいます。

是非、以前の記事もご確認いただけますと幸いです。

今日はDX推進のための重要なツール、「AI-OCR」について紹介させていただきます。

最近のDX推進、AI技術による自動化ツールでよく聞くようになってきた、このAI-OCRとは何なのか、

簡単に説明と解説をさせていただきます。

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

AI-OCRとは

AI-OCRとは、申請書・申込書など、

紙ベースの書類をpdfやPNGファイルなどの画像ファイルにしたものを、

読み取り文字データに起こす技術・ツールです。

もともと「OCR(Optical Character Recognition/Reader、オーシーアール、光学的文字認識)」

という技術があり、

新聞紙や雑誌など、活字の書類をスキャンし、記載の文字を文字データ化する技術はありました。

AI-OCRは少し発展させ、多くの読み取ってきたデータと、AI技術による予測を用いて、

手書きの書類や、コピーしてすこし画質が荒い文書も読み取れるようにした技術です。

通常の作業であれば、申請書を受け取り、その内容に従って人間がシステムに入力する、

という運用をするのが通常のプロセスだと思います。

数枚の処理であればいいのですが、

数百枚・数千枚・数万枚のペースになれば人の手では大変になります。

単純な入力作業なので人がやると退屈ですしね・・・

それを解決するのがOCR技術です。

入力する文字を文字データ化することで、CSVやExcelのデータにすることができ、

読み取り結果の一覧をリスト化することができます。

そのリストで簡単にコピペし、システムの入力欄に貼り付けることも可能ですし、

下の解説図のようにAI-OCRで文字を読み取りデータに起こし、そのリストをRPAにお渡しして

システム処理をさせるということも可能です。

紙のままだとRPAは手も足もでないですが、

CSVなどの電子データに変化させることでRPAによる処理も可能になります。

AI-OCRの説明
AI-OCRによる業務プロセス改善のイメージ

RPAについては、以下の記事もご確認ください。

日本企業でも多くの企業がRPAによる自動化を進めています。RPAを使う事を意識しないともはやビジネスのトレンドに取り残されるといっても過言ではないでしょう。

AI-OCRによるメリット

AI-OCRを導入することによる最大のメリットは、書類を手入力する手間を省く作業の省力化、

単純作業からの開放による精神的負荷の開放です

やはり税務的・経理的処理はある時期に大きな負荷が一気にかかるイベント

(年末調整や源泉徴収の処理など)が

発生します。その時に一時的に派遣社員さんを雇うなどヘルプを呼んで対応すると思いますが、

AI-OCRがあれば、書類をスキャンしさえすればあとはAI-OCRにお任せして、

入力リストを作成してもらうことができます。

「そんなん、人間より精度よくできるの?」という疑問も出そうですが、

統計的データがそろってきている今の読み取り精度では

大体90%~98%程度の識字率を誇るそうです

もちろん、AI-OCRによる読み取り作業後のリストを、人間の目で

ちょっとでもチェックすることは必要かと思いますが、手書きで何を書いているか読めない字は、

人間でも分からないこともあります。

個人的な感覚ですが、人間の識字精度とAI-OCRの精度もあまり変わらないと思います

また、AI-OCRでデータ化することで、

これまでデータにできなかった書類やアンケートから得られるデータも

データベースに組み込むことができるようになります。

やはり一個一個入力するのが大変なのでデータ化するのに今まで遅れをとってきたかと思いますが、

より幅広いデータ分析、アナリティクスが可能になると思いますね。

データ処理の下ごしらえはロボットにやってもらい、

大事な分析作業以降を人間が集中して取り組める、というわけです。

代表的なAI-OCR会社

それではAI-OCRを開発・販売している会社・ベンダーを紹介させていただきます。

もちろん、今日紹介している会社はほんの一部のベンダーです。

OEM製品としてAI-OCRをオリジナルでアレンジして販売している会社もありますし、

あまり規模が大きくない会社で独自開発して販売しているツールもあると思います。

そこはDX推進のセミナーなどご参加いただいて、

AI-OCRを取り扱っているベンダーをご確認いただければと思います。

ABBYY

FineReader」シリーズで有名なベンダーです。外資企業で、日本オフィスもできました。

もとは外資企業なので外国語の読み取りが得意だったようです。

今は日本語版もありますので、日本のドキュメントも安心して読み取り可能です。

精度は90%前後の識字率があり、十分合格水準だと思いますし、

こちらのツールは料金プランのコスパが良いです。

他の会社のツールは読み取る項目ごとが課金対象になり、

例えばアンケートで5項目読み取り、5万項目まで定額、

のプランであれば、1万枚までし読み取れない、というプランが結構多いのですが、

このABBYYのツールは1枚単位です。

項目が多い書類を利用するほどコスパ的にはお得になってきます。

しかし、ツールの操作は少し難しいです。慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、

トライアルで1か月ほど無料で試用できるプランもありますし、

youtubeにチュートリアルの動画や、マニュアルも多くありますので、キャッチアップは可能です。

是非お試しください。

AI Inside

こちらは「DX Inside」というツールが有名です。

このAI Inside社の技術はOEM契約で各自オリジナルのAI-OCR製品を出している企業もあります。

こちらはABBYYの「FineReader」と違う点は読み取り精度の高さ(95%前後)と

操作の分かりやすさです。

直感的に操作が分かりやすいく、

GUIベース(操作が画像や日本語なので分かりやすい)で操作しやすいです。

しかし、難点と言えばコストパフォーマンスが悪いというところですね。

こちらは課金対象が「項目単位」になります。

項目が多くなる用紙を使えば使うほど、読み取れる枚数が少なくなり、読み取れる項目数が多くなると

定額の範囲を超えれば読み取る項目数だけ金額がかかります。

少ない項目で読み取れる書類であればいいのですが、

項目が多くなってしまうと、少し割高感が否めない

ツールになっております。

Cogent Labs

Tegaki」というツールで有名なベンダーです。私の中ではAI-OCRの先駆け的イメージがあります。

pdf、PNG,JPG、画像ファイルからの文字読み取りの精度の高さに定評があります。

なんと、99%程の精度を誇るそうです。

それだけ読み取ってきたサンプル、統計的データが蓄積されているという事でしょう。

価格はエンタープライズ版だと、企業ごとで異なるみたいなので、

見積もり・ご相談しだいみたいですが、

比較的高めなイメージがあります。

Tegakiの技術自体は多くのRPAツールも取り入れているみたいで、

RPAとの親和性の高さもポイントの一つですね。

もしRPAとTegaki、一緒くたに進める予定であれば、RPA化しやすくなると思います。

ここの挙げた企業以外にもAI-OCRを扱う企業はたくさんあります。
アライズ・イノベーションという企業の「AIRead」というAI-OCRも使いやすくて良いですよ。

まとめ:AI-OCRとRPAを組み合わせると効果は倍増

人工知能に仕事を任せる人のイラスト

以上、簡単ですがAI-OCRの紹介でした。

AI-OCRは単体で導入するよりもRPAと組み合わせ、自動化・省力化をより推進する方がいいですね。

実際AI-OCRとRPAを組み合わせで導入し、作業時間を大幅に削減し、

社員により付加価値の高い業務を

取り組むようにさせたという話もあります。

また、多くのデータ・幅広いデータを取り込むことで、

より奥深いアナリティクスを進めることができた

事例もあります。

ぜひ、AI-OCRで企業活動の価値を高めるきっかけにしていただければと思います。

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

以上です。

タイトルとURLをコピーしました