【カラスの生態】カラスは雨の日はどこに?

カラスのイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪、感謝です。

最近は梅雨のせいか、強めの雨が朝から降っていたりします。

雨の日は、そういえばカラスを見ません

また、夜中にカラスもあまり見かけませんね。。。

カラスは朝から多くのメンバーで徒党を組んで、朝から

「カーカー」うるさかったり、ごみの日に出される、ごみ袋をあさったりして

ゴミを巻き散らかすと言った被害が全国でよくあるかと思います。

私が住んでいる地域でも、ごみ袋を露出したままゴミを出すと

カラスがたかって、ごみが散らかっています。

生ごみや食べかすを捨てる際はゴミ箱に入れたり、

鳥獣被害防止用のネットに入れないといけないです。

食べ残しとか、野菜くず、魚の骨などの生ごみが散らかっているので、

あれはごみ収集車の業者や、家の住人はどう思っているのでしょうか?

どうやら、カラスはかなり知能の高い動物のようで、

どこの家のごみが漁りやすいか、知っているようです。

カラス対策がちゃんとできていなかったときは、私の家も、ほぼ毎朝のように

ゴミ捨ての日はカラスの餌食になっていました・・・

でも、そんなカラスですが、雨の時は滅多に見かけません。

雨風をしのげるようなところで静かに過ごしているとは思いますが、

カラスって、かなりの数いますよ?

電柱の一帯にびっしりカラスがいてたりすると思うのですが、

あいつらが存在感を隠して雨の中じっとしている姿が想像できません。

ひょっとして雨が降っている間は雨が降っていない地域にいるのでしょうか?

少し調べてみました。

家具のレンタル CLAS(クラス)

カラスの生態が少しでも分かれば、

カラスの害に対する対策も少しは出てくるかもしれません。

カラスの生態を少しでも理解を深めて、カラスの被害を抑えましょう。

雨の日は塒でじっとしている

塒のイメージ

塒と表記して、「ねぐら」と呼ぶそうです。少し賢くなりました。笑

カラスは雨や夜の寝ているときは塒(ねぐら)でじっとしているそうです

しかも単独ではなく、集団でじっとしているようです。

集団で過ごしていると多方面からくる宿敵を見つけたりするために良いみたいですね。

塒は、街路樹や郊外の森などのような気が生い茂っているところ、

軒下など羽を休めて過ごせるところなどに集団でじっとしているようです。

これはカラスだけでなく、スズメやハトも同様なようですね。

家具のレンタル CLAS(クラス)

あれだけ大量のカラスがじっとしている光景もなかなか想像できないですが、天気が悪い日などは実際にじっとしているようです。

貯食という習慣があり、多少じっとしていても大丈夫

しかし、カラスにとっては、雨が続くと食事がとれないという事になります。

梅雨のような雨が続く時はカラスは空腹に耐えているのでしょうか?

実はカラスには「貯食」という習慣があるようです

カラスは非常食などの食べ物を塒や、秘密基地のようなところに食べ物を隠しておき、

少しずつ食べられるようにしているようです。

しばらく雨が降っても大丈夫なようですね。

家に大きな木があれば剪定しておこう

例えば大きな木や森のようなもので、

塒になるような、集団でじっとできるようなところが自宅の近くにあると

カラスが根付いてしまいそうです。もしご自宅の庭など、近くに大きな木があれば

そこでカラスが塒や活動の拠点になりかねません。

もしご自身で対策できるような植木などであれば、剪定などしてすっきりさせ、

雨風をよけにくくなるようにしましょう。

地域の森などはなかなかご自身で選定などはやりにくいと思うので、

自治体にお願いするとか、業者に依頼するとかになりそうですが、

カラスがじっとしにくい環境を作りましょう

ゴミを捨てるときはちゃんと防護しよう

カラスは本来、森や山などの郊外に住んでいたようです。

それが地域の開発などによる森や山の開拓で自然が少なくなり、

都会の街路樹などに住むようになったようですね。

また、人間が出すゴミは

山や森の食事(本来は動物の屍肉や植物、虫などを食べていたようです)よりも

栄養が豊かで、人間が出すゴミは栄養豊富と認知したようです。

なので、人間の住居からはごみという食事が出ないと思わせるようにしましょう。

生ごみなど食べ物由来のごみはごみバケツなど、

しっかり防護できる箱に入れましょう。

ちなみにですが、ホームセンターで売られているような防護ネットを

カラス対策として一時使っていましたが、カラスは賢いですね。

ネットをめくって、ごみをしっかり食べて散らかしていました。

個人的な実感としては、

ネットは正直防ぎきれない(ネット越しにつつかれたり、ネットをめくりあげる)ので、

ポリバケツや、ネット仕様でもしっかり枠があるタイプの方がいいと思います。

家具のレンタル CLAS(クラス)

まとめ:カラスは賢い。食べ物や住める場所が無いと思わせよう

以上、カラスが雨の時にどう過ごしているかという性質と、カラスの生態についての

共有と、カラスの被害を抑えるための対策紹介でした。

カラスは賢いです。貝や硬い皮でおおわれている実などは、あえて上から落として

割ったり、車に身を轢かせて、割れたのを食べるようにするくらい賢いようです。

また、地域でカラスの害が出ているの根本のところは、

森や山を開拓して住める場所が減ってきて、人間の住居と居住地域が

重複してきたこと、人間がごみを出すときに対策しないから、

ごみを食べていいとカラスが思ってしまっていることが、

そもそもの原因だと思います。

地域の街路樹の選定やごみのしっかりした防護をすることで、

「この地域は住みにくいところだな」と思わせましょう

しばらくすればどこかに移動し、静かで平和な地域になると思います。

油断するとすぐごみをあさるし、近くの塒で落ち着きだしますので、

しっかり各自の対策から始めていきましょう。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました