【自家製で美味しく】おすすめの果実酒・ジュースの作り方

果実酒のイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

今は梅雨の季節になり、スーパーで梅がやすく、多く売られるようになりました。

私はよく果実酒を作って、自分の晩酌用のお酒を作っています。

「紀州梅の里なかた」オンラインショップ

うまく作れなかったり、おいしくできたりと試行錯誤してきましたが、

何かをオリジナルで作るのは楽しいです。

最近は、妊娠している妻も楽しめるように、

果実ジュース(シロップ)も作るようになりました。

今日は、私が作っておいしいと思った

果実酒・果実ジュースの作り方を紹介させていただきます。

できるだけお手軽に仕入れられる果実を利用していますので、

参考になればと思います。

もちろん、果実酒の作成は20歳以上の方でお願いします。

未成年の方が簡単に手に入るところで保管しないようにお願いします。

何かと出かけて楽しめない今のご時勢、内にこもって何かを楽しむための一つのプランとしてご参考いただければと思います。

氷砂糖と20度以上のお酒と清潔な保存瓶があればOK

瓶のイラスト

まず、果実酒などを作るうえで必要なのは氷砂糖です。

果実酒と氷砂糖の組み合わせで浸透圧による果汁を出すことで

お酒・ジュースを作ることができます。

また、お酒を作るのであれば20度以上のお酒が必要になります。

これは、20度未満のお酒で造ってしまうと、別のアルコール飲料を生成することになり、

酒税法に関わり、法律違反になることがあります。

他、コメや麦などの穀物、ブドウなどでお酒を作ってはいけませんし、

個人で楽しむ範囲で作り、販売をしてはいけません。

Q1 消費者が自宅で梅酒を作ることに問題はありますか。

しょうちゅう等に梅等を漬けて梅酒等を作る行為は、酒類と他の物品を混和し、その混和後のものが酒類であるため、新たに酒類を製造したものとみなされますが、消費者が自分で飲むために酒類(アルコール分20度以上のもので、かつ、酒税が課税済みのものに限ります。)に次の物品以外のものを混和する場合には、例外的に製造行為としないこととしています。また、この規定は、消費者が自ら飲むための酒類についての規定であることから、この酒類を販売してはならないこととされています。

1 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじ

2 ぶどう(やまぶどうを含みます。)

3 アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす

国税庁HP-Q1 消費者が自宅で梅酒を作ることに問題はありますか。より引用

ビール・焼酎・日本酒・ワインと同じ材料はダメみたいですね。

また、果実酒を作るうえで必要なのは保存する瓶です。

小ぶりなものであればスーパーで売っていますし、

ホームセンターには大きい保存瓶もありますので、作りたい量が余裕で入る

保存瓶を選択してください。

梅酒・梅ジュース

まずは果実酒の定番、梅酒ですね。

青梅のイラスト

地域にもよるかと思いますが、だいたい5月以降、初夏の季節になるとスーパーに

安く置かれていると思います。

青梅と氷砂糖とお酒(ホワイトリカーで良いと思います。)を1:1:2で作ると

美味しいお酒ができると思います。

梅が500gあるとすれば

  • 青梅:500g
  • 氷砂糖:500g
  • お酒(ホワイトリカー):1リットル(1kg)

がちょうどいいバランスかと思いますが、梅の風味を強みにしたい、とか

砂糖を多くして甘みを強くしたい、逆に甘さ控えめにしたければお酒を増やす・・・

などお好みで調整をしてみてください。

梅ジュースを作りたい場合であれば、お酒を抜いて、青梅と氷砂糖を

1:1の割合で容器に入れてください。

また、ホワイトリカーを例にしていますが、焼酎やウィスキーで漬けると、

そのお酒の風味で楽しめると思います。

「紀州梅の里なかた」オンラインショップ

青梅はしっかり洗って、綺麗な布で拭いて、しっかり水気を取ってください。

水気があると雑菌がある状態で漬けることになるので注意が必要です。

(以下の果実酒も同様です。果実はしっかり洗って水気を取ってください。)

また青梅は、竹串などでヘタを取ってください。

青梅の、お尻のようにくぼんでいるところにちょこっとヘタがありますので、

串をさして、クルンとすれば取れます。

この下ごしらえができれば、保存瓶の中に

青梅と氷砂糖を少しずつ交互に入れ、まんべんなく梅と氷砂糖が触れ合うような形で

入れてあげてください。そして最後に酒を入れましょう。

酒は梅と氷砂糖が浸るまで入れられるよう、保存瓶の大きさを考慮してください。

梅ジュースを作る場合は、梅と氷砂糖を交互に入れていったん完了です。

後は、暗くて温度変化が少ない場所に置いておくだけです。

梅ジュースであれば、朝・晩など一日2,3回、瓶を回したりして

中身を攪拌(かくはん)しましょう。攪拌をしっかりすることにより氷砂糖と梅の

浸透が促進され、だんだん保存瓶内に水分が出てきて、

しっかり砂糖が解けていきます。

梅酒は特に放置していれば問題ないですが、

飲み頃になるのが3ヵ月後くらいです。

あっさりめがお好みであればそれより早く飲んでみても良いと思いますし、

もっと梅の味を出したければもっと長く置いても良いと思います。

ただ、ちょうどいい塩梅の梅酒ができたときは、梅を取り出しましょう。

梅ジュースに関しては、攪拌をしつつ、3週間くらいで仕上がります。梅を

引き上げて、冷蔵保存用の容器に移してください。

みかん酒

みかんのイラスト

みかんもお酒に漬けて、みかん酒として美味しくいただくことができます。

こちらもみかん:氷砂糖:お酒(ホワイトリカーなど)が1:1:2がちょうどいい

バランスだと思います。

冬ごろになると安くおいしいみかんが仕入れられますが、

冬前(10月~11月ごろ)に早生(わせ)みかんという品種も出回り、秋くらいから

みかんを楽しめるようになりました。

みかんは皮をむいて、できれば薄皮をむいた方が果汁が出やすくなると思います。

そしてレモンを2,3個入れて、外皮をむいて、スライスしたものを一緒に入れましょう。

みかんの甘みとレモンの酸味で甘酸っぱく、とても美味しく仕上がります

材料の構成をまとめると以下のようになります。

  • みかん:500g
  • レモン:2,3個
  • 氷砂糖:500g
  • お酒(ホワイトリカー):1リットル

この材料もお好みで微調整してみてください。

梅酒と同じように果実と氷砂糖を交互に入れ、浸るようにお酒を入れれば、

あとは冷暗所に保存すればOKです。

みかん酒は浸透が早く、漬けて1か月ごろから飲めます。

これもお好みで2,3か月おいてみても美味しいと思います。

イチゴ酒

イチゴのイラスト

イチゴも果実酒として漬けると甘酸っぱくておいしいです。

3月,4月ごろに業務スーパーなどで、小さいサイズのイチゴが安く売られるので、

それを使うとお手ごろに仕入れられます。

Webで調べると出てこないかもしれませんが、私はイチゴにもレモンを入れて、

酸味を少し加えて飲み口をさわやかにするようにしています。

他の果実酒と同様に1:1:2を意識して

  • みかん:500g
  • レモン:2,3個
  • 氷砂糖:500g
  • お酒(ホワイトリカー):1リットル

でイチゴ酒を作っています。

イチゴはちゃんと洗って水気を取り。、ヘタを切り落としてください。

イチゴと氷砂糖を交互にするように入れて、お酒を入れたら、

後は冷暗所に保存するだけですが、イチゴも浸透が早く、

だいたい1か月前後で飲めるようになります。ほのかにお酒が

赤く色づくと思いますので、飲み頃を探してみてください。

その他の果実酒

紹介した以外の果実酒も、以下の時期も参考にしながら作ってみてください。

お住いの地域などでは手に入らない果実などあるかもしれませんが、水分を多く含む

果実であれば大体作れそうです。

果実酒カレンダー
オエノングループ サイトより引用

まとめ:季節の果実をおいしく楽しもう

梅酒のイラスト「手作り瓶詰め梅酒」

以上、果実酒と果実ジュースのおすすめ紹介と、作り方でした。

保存瓶と氷砂糖、お酒を用意すれば、少しの手間と時間があれば作れますし、

美味しいお酒を楽しめます。

出来上がったお酒はロック・水割り・ソーダ割りなど、いろいろ楽しんでください。

今回紹介した梅ジュースに関しては、ジュース:水(もしくは炭酸)を1:4で割ると、

ちょうどおいしいです。

他にも手軽に手に入れられる果物でお酒・ジュースを作った場合は

紹介させていただきます。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました