【ポイ活】ポイントカードの貯め方紹介

ポイントカードのイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪、感謝です。

キャッシュレス決済の普及に伴い、ここ最近は

ポイントカードによるポイント付与やポイント利用でお得にお買い物することが

より注目されているような気がします

キャッシュレス決済についての記事は以下もご参照ください。

私は以前からクレジットカードや、ポイントの利用を積極的にしていて、

できるだけポイントでお得にならないか、楽しい思いをできないか試してきました。

私が考えている大事なポイント集めの大事にしていること

を紹介させていただきます。

「ポイントをうまいこと貯めたいなぁ」とお考えの方は、

参考いただければと思います。

高い買い物を格安で購入することは難しいかもしれませんが、

普段のちょっとした買い物を格安もしくは無料で楽しめる可能性はあります。

行く先々でポイントカードを作ると財布もかさばるし、整理したいですよね。

キャッシュレスとポイントは相性が良い

仮想的なお金のイメージ

当たり前といえば当たり前なのですが、キャッシュレスとポイントは相性が良いです。

現金からポイントを貯めるのと、キャッシュレス決済も、

最終的に得られる損益は一緒なのですが、会計処理の手間は少ないので、

キャッシュレス決済とポイント付与は絡めやすいです。

なので、各社自社カードを使っていただくように、ポイント〇〇倍、などと銘打って

カードの利用を促しているわけです。

では、どのようにしてポイントを貯めていけばよいでしょうか。

クレジットカード・QR決済・ポイントカードはそれぞれ1種類ずつに絞る

こちらも斬新なことをいうつもりはないのですが、

クレジットカード(JCBやVisaなど)、

QR決済(PayPayやLine Payなど)、

ポイントカード(TカードやRカードなど)

はそれぞれ1種類ずつ(せいぜい2種類)に絞っておきましょう。

複数のカードなどを持ってしまうと、たまるポイントが分散されてしまい、

ポイントがたまるスピードが遅くなってしまいます。

ポイントカードやクレジットカードによっては、

利用頻度が高い、いわゆる「ヘビーユーザ」になると会員ランクが上がり、

ポイント付与率が良くなる場合もあります。

他のポイントカードに浮気せずにできるだけ1種類を使う事をお勧めします。

使うカードは普段使う店舗が提携しているサービスや、

ポイントで利用できる特典がご自身にとって嬉しいものなど、が良いですね。

例えば私はスマートフォンとインターネット回線を

ソフトバンクにお願いしているので、

PayPayへのポイント還元があるのでお得です。

かといってこれに加えてLine Payなど複数QR決済を利用すると、

PayPayと Line Payでお金の管理が大変になります。

また、PayPay100円 LinePay100円で小分けにポイント付与されるより、

PayPay付与を一本化してPayPay200円と付与される方が買い物できる額も増えます。

なので私はPayPay1種類に絞ってQR決済を利用しています。

ちなみに私は

クレジットカードはJCB、

QR決済はPayPay

ポイントカードはRカード(やむをえない場合はときどきTカード)と決めています。

頻繁に利用している店によっては特定のポイントカードしか使えないことがあるので、そこは別で用意しないといけないですね。

JCBオリジナルシリーズ

JCBの紹介については以下の記事もご確認ください。

クレジットカードもカード特有のポイント還元サービスがあり、各社に魅力があります。私はJCBのサービスが一番好きです。「【クレジットカード】JCB The Class 紹介」にも書いてありますのでご参照いただけますと幸いです。

光熱費・通信費などの固定費をカード払いなどにするとお得

買い物をすればポイントがたまるので、

ポイントを貯めるためにいっぱい買い物するのに越したことはないのですが

無駄な買い物までしてしまって無駄遣い・浪費をするのは本末転倒です。

本来お得にポイントを利用するのが目的なので、ポイントを使うために

買い物をするようになる、というのはやめておきましょう。

ここでおすすめしたいのは、光熱費や通信費など、

毎月払わざるを得ない費用(固定費)をカード払いなどにしてしまって、

普段払っているお金にポイントを付与してしまいましょう。

光熱費と通信費で月あたり30,000円かかっているとすれば、

クレジットカードで1,000円につき1ポイントたまるとすれば

1年間で 30,000円×12か月÷1,000円 で 360ポイントたまります。

100円で1ポイントたまるクレジットカードだとしたら、

3,600ポイントたまります。

何も買い物せずにポイントが自然と貯まるとすればかなりお得ですね。

また、光熱費も、電気は〇〇電力、ガスは〇〇ガスと、それぞれのインフラ会社と

別個で契約するより、最近は電気・ガス自由化が進んでおり、

光熱費をどこかの会社にまとめるといくらかお得になることも多いです。

ポイントカードの見直しとともに、電気・ガスのおまとめも検討してみては

いかがでしょうか?

ミツウロコでんき

還元率も大事だが、普段利用する店舗が提携しているものを利用しよう

よく、周囲の知人から、「おすすめのポイントカードない?」と

クレジットカードと同じように聞かれることもありますが、

私は基本的に普段利用する店を基準に考えればいいと思います。

よく聞かれますが、私は還元率(1ポイントあたり何円かかるか)は重視しません

よく還元率が高いポイントカードやクレジットカードなどを聞かれますし、

実際、テレビ番組やネットの紹介などでも、

還元率をメインに紹介していることも多いです。

還元率を気にする気持ちは分かりますが、普段利用する店になければ、

あまり貯める機会がないと思います。

還元率にこだわりすぎて、普段使わない店のカードを持っていてもあまりポイントが貯まらないです。それなら普段よく使う店のポイントカードを重視した方が良いです。

例えば、私は独身時代、都心部に住んでいることもあり、

ヨドバシでよく家電製品を買っていて、ポイントカードを使っていました。

大体10円(税抜き価格)で1ポイントくらいの還元率(現金払いなど限定ですが)

だったかと思いますが、かなりお得な部類です。

しかし、結婚し、郊外に住むようになってヨドバシをあまり行かなくなり、

今は郊外のイオンモールなどによく入っているような、

エディオンを頻繁に使うようになり、連携しているTポイントを使うようになりました。

大体200円で1ポイントだったと思います。ヨドバシに比べると還元率は劣りますが、

利用頻度が高いのでヨドバシのポイントカードよりTカードを使うようになりました。

還元率にこだわると、私の家の近くにはヨドバシはありません。

多少遠出をしてもヨドバシに行く!

という事になるんだと思いますが、交通費や時間など、

ポイントを獲得する以上に負荷がかかることになりますので、

肩ひじ張らずに無理せず通える普段の店舗のポイントカードに絞るのが良い

かと思います。

ヨドバシ.comなど、通販を利用できるのであればそれに越したことはないですけどね。

JCBオリジナルシリーズ

まとめ:ポイントを貯めるためにわざわざ買うのではなく、普段の買い物にできるだけポイントを絡めていく

以上、ポイントの効率的な獲得・利用のための、

ほんの少しのコツと心がけの紹介でした。

そこまで斬新なことは言っていないのですし、言われたら当たり前の事ばかりですが、

重要だと思っているのは、ポイントはお得だが、ポイントを貯めるために

  • 必要以上に買い物をしない
  • たくさんポイントカードを作らない
  • できるだけ普段の生活・固定費にポイントを活用する

という事です。

普段の買い物、利用店舗、出費にポイントを絡められないか考えてみましょう。

ポイントをうまく貯めると、普段のちょっとしたデザートなど、ポイントで購入できたりするので

お得な気分になりますよ。

是非見直してみてください。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました