【リモート面接もスムーズに】リモート面接のコツや心構え

リモート面接のイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

最近、転職活動しています。

書類選考が進み、何社か面接を受けています。

やはり昨今のコロナ禍の影響もあり、会社や面接会場での対面面接はほとんどありません。

※もちろん時々対面での面接があります。

zoomやmeet,Teamsなどのオンラインツールを使ったリモート面接、オンライン面接

がほとんどです

私は前回の転職までは、もちろん対面の面接に慣れていましたので、

このようなリモート面接は初めは戸惑うばかりでした。

しかしリモート面接の場数をこなすにつれ、慣れてきましたし、ヘッドハンターさんから

面接の心得を教えてもらったりすることで「こういう点に注意しよう」

というのがわかってきました。

もちろん正解、あるべき姿というわけではないですが、少しでも面接を突破するための心構えを

紹介させていただきます。

リモート面接は採用する会社にとってもコスト削減のメリットがありますからね。コロナ禍が治まっても、今後は対面とリモート、併用しながら採用活動を進めていく可能性があります。リモート面接に慣れていきましょう。

ポジウィルキャリア

部屋は静かで誰かに聞かれないようなところを用意しよう

もちろんですが、面接を受ける部屋は静かで、音漏れしにくいところをできるだけ選びましょう。

面接内容は企業の情報や人事情報に触れることもあり、

あまり周りに聞かれたくないこともあります。

そもそも周囲の声が聞こえたりすると面接に集中できません。

できるだけ静かで人の出入りが少ない場所を選びましょう。

面接自体の評価にはなりませんが、リモート面接で話しやすいのであれば、印象はグッと良くなるはずです。

ネットワーク環境は安定しているところで

Wi-Fi」のイラスト文字

リモート面接がストレスなく進行できるように、

途切れにくい安定したネットワーク環境を利用しましょう

出先の無料無線LANや、公共のWiFiなど、不安定なネットワークだと、

ネットワークが安定せず、動画が止まったり、音声が途切れたりします。

ネットワーク環境はご本人がコントロールできない場合もありますが、

会話が成立できないほどネットワークが途切れる場合は、

予定通りの面接が消化できなかったり、日を改めないといけなくなることもあります。

そうなると正しい評価がされない可能性がありますので、

気を付けましょう。

ネットワークの強弱ではないのですが、セキュリティが厳しいネットワーク環境でSkypeをつないだ際、ビデオ通話機能が使えず、冷や汗をかいた記憶があります。ネットワークのセキュリティによっては使えないツールもありますので、やはり事前の確認は必要ですね。

パソコンのアプリはあまり起動しない

先ほどのネットワークと関連付けてですが、安定してオンラインツールを起動させるために

パソコンの他のアプリはできるだけ閉じておきましょう

多くのアプリを起動しているとパソコンのリソースを圧迫してしまい、

オンラインツールが安定稼働できない可能性があります。

カンペなど広げたい気持ちはわかりますが、できるだけアプリは閉じておきましょう。

壁は無地・白いのがベター

面接官と接続する際の御自身の画面ですが、背景はできるだけ白い、無地のシンプルな画面

しましょう。自宅の壁に色がついていると顔がはっきり見えない可能性があります。

できるだけ白いに近い色で顔・姿が見やすい背景画にしましょう。

もちろん背景で派手だったりアニメのポスターが張ってあったりで面接に挑んでも

誰も評価を落としたりはしないでしょうが、少し恥ずかしいですし、

仮にもビジネスの面接ですので、偏見を持たれないためにもシンプルにするのがおススメです。

オンラインツール内の設定で背景に壁紙を貼れたりしますが、個人的にはお勧めできません。
あれは姿を予測して背景と思われるところに壁紙を貼るのですが、予測が外れて顔や姿がぼやけたりすることもあります。

ポジウィルキャリア

スーツ・ネクタイなど身だしなみは対面と変えない

私服で働く人のイラスト

対面面接と同様に、スーツ・ネクタイはちゃんと着ましょう。

会社によっては服を指定しないでしょうが、自宅から普段着で面接に挑むとなると、

ただの友人の会話となり、自分自身も緊張感がなくなってしまいます。

自分自身を叱咤激励する意味でも、面接前になったら着替えてスーツで挑みましょう

下半身は見えないので、ズボンは履き替えなくてもいいかもしれないですがね・・・

対面面接とは違い、面接が終わるとすぐ着替えられるので楽ですね。

スーツで行って驚かれることはあっても評価が下がることはありません。
スーツを着て、ネクタイを付けて無難に面接に挑みましょう。
【中身で勝負】見た目は無個性・中身で個性を出そう」もご参照ください。

顔と胸あたりまで映る位置がベター、目線は下げないようにモニターの少し上あたりを意識

画面いっぱい顔が映ると面接官がびっくりします。

証明写真ぐらいの距離感、顔と胸部分が一目で映るくらいの距離感がちょうどよいと思います

うるさくならないくらいの顔の近さでパソコンの位置など、調整しておきましょう。

ポジウィルキャリア

10分前くらいから準備をし、5分前にはリモート接続しておこう

企業からの案内メールなどには「時間になりましたら接続ください」と書いてありますが、

やはり余裕を持った準備をしておきたいものです。

面接官が接続したころにはあなたが待ち構えているような状態が望ましいです。

普段の待ち合わせなり、会議なり、待たせるより待つ心構えでいた方が

相手に好感を持たせますし、万が一時間ぎりぎりで接続し、ネットワークトラブルや

パソコンのトラブルで遅れる可能性もあります。

できるだけ余裕を持って10分前から5分前には接続できるように準備しておきましょう。

リモート面接も対面と同じように、5分前行動を心がけるべきです。

時間通りに準備できる人を目指しましょう。
【目指せ遅刻ゼロ】約束時間を守るべき理由と遅刻対策」でもその意義を紹介しています。

面接官の会話は少し間をあける意識で。会話がかぶる可能性がある

時間通りに接続し、面接官も登場すれば後は普通と同じ面接なのですが、

最後の注意です。リモートだと、多少会話にタイムラグが発生しますので、

気持ち長めに間を用意しましょう。向こうの会話の切り出しとあなたの会話が被る可能性があり、

コミュニケーションがうまく取れない場合があります。

向こうが話し終えたと思ったタイミングで、一拍間をおき、ゆっくりと話し出しましょう

話し終えた場合は、「以上です」などと言ってはなしが終わった旨を伝えましょう。

会話の切り出しと、分かりやすい終了タイミングが重要です。

まとめ:これからの時代リモート面接にも慣れておこう

以上、リモート面接でうまくいくためのコツや心構えでした。

相手に迷惑をかけない、オンライン接続という不安定のリスクを抑えるために

どのような行動すべきか、という事を考えられるだけで、通常伝えにくいオンライン形式での

自己アピールを逆に強くアピールすることができます。

コロナ禍においてデフォルトになりつつあるリモート面接ですが、

コロナ禍が落ち着いてもコストの削減や面接の負荷軽減のために、ある程度残ってくるのではないか

と思います。

と思います。リモート面接でうまく採用活動ができると、交通費支給などもなくなってきますしね。

今のうちにリモート面接に慣れておくことも重要かなと思います。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました