【時間の創出】時間を作るためにやめたこと

スマホをいじるイメージ

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

私事ですが、子どもも生まれ、思った以上に自分の時間が取れなくなりました。

当然なのですが、子どもはなかなか目が離せないので、

やはり子どもに集中しないといけないわけです。

なおかつ、自分の成長やスキルを身に着ける勉強や自己啓発はしたいと思っていますので、

これまでの子どもがいなかった時代のような、時間の使い方はなかなかできないと感じました。

以前の記事で紹介したような隙間時間を作るのも大事ですが、

それ以上に「惰性でやっていた」無駄な作業・習慣を削減し、

時間や集中できる環境の創出を考えました。

削減した習慣を紹介させていただきます。

以前に紹介した隙間時間の作り方については「【24時間から隙間時間を生み出す】一日の隙間時間の作り方」や「【効率よく勉強】隙間時間でのおすすめ勉強法」をご参照ください。

スマホゲームをやめた

スマートフォンに熱中する人のイラスト(男性)

ずっと熱中していた「ドラクエウォーク」をやめました。

リリースされた2019年9月からずっとやり続け、2021年5月末で辞めましたので、2年弱ですかね。

無課金勢ですが、ガチャも効率よく当たり、レア武器もよく当たっていましたし、

分かる人はわかるかと思いますが、レベルや「モンスターの心」も

かなりハイレベルだったと思います。

辞めるのはもったいないという気持ちもなくはないのですが、

スマホのバッテリー消費も激しく(1日3~4回、充電を行っていました)、電車に乗っている間や

散歩に行っている間、家でもちょこちょことやっていてかなりの時間を費やしていましたし、

コンテンツやイベントも次から次へと始まり、キリがなくなってきましたので、

思い切ってやめました。

在宅勤務が主流になって、外を歩き回るというのもなくなり、ゲームの進行も難しくなりましたしね。

無意識にスマホを取り出してしまう事もあるのですが、それだけ時間を使っていたという事ですね。

スマホのバッテリー消費も抑えられ、充電も寝る前にするだけで十分になりました。

バッテリーの消費を抑えるコツは「【スマホ長時間利用】スマホのバッテリーを長持ちさせるコツ」でも紹介しておりますのでご確認ください。ドラクエウォークはバッテリー節約してもそれでも消費は激しいですけどね・・・

録画したテレビを見るのをやめた

液晶テレビのイラスト

私はテレビを見るのが習慣化しています。

録画したテレビを時間があるときにまとめてみたりしています。

独身の一人暮らし時代に音が無いのがつらくて、常にテレビを流していて、

それ以来「テレビっ子」になったようです。

ですが、結婚して子供がいる今、テレビを集中して視ることもできなくなっています。

いつ見れる変わらないので、録画はしていますが、無理して視ようとはしないようにしています。

録画して一回も見ないままに、録画データを削除することも多々ありますが、それはそれで仕方ない、

と思うようにしています。

【ポイントNG】白いコンロ『HOWARO-ホワロ-』Rinnai

夜更かしするのをやめた

ずっと前からですが、夜更かしするのをやめました。

今までは休前日の夜や、休日の晩はゲームなどしてついつい夜更かしすることもあったのですが、

子どもは朝関係なく同じ時間に起きるので、夜更かししたときの翌朝はしんどくなりますし、

夜更かししてゲームをしても楽しいですが得るものはありません。

ゲームは極力夜中にやるのは避けて、

日中の子どもの昼寝の時間などを利用して少しだけ行うようにしました。

RPGなど、がっつりやりこむようなゲームはなかなかできなくなりましたね・・・
しばらくはゲームはお預けです・・・
遊ばなくなったゲーム機・ゲームソフトも売ってしまいましたね。

GeForce NOW Powered by SoftBank

ダラダラ晩酌をやめた

子どもが20時から21時の間に寝てしまうので、その前にお風呂を入れないといけません。

なので、19時から20時の間にお風呂に入れる必要があり、お酒もゆっくり飲むのは難しくなりました。

晩御飯のお茶代わりに1~2杯、お酒を飲むくらいでダラダラ晩酌するのをやめました。

さっと飲んでさっと切り上げて、さっと風呂に入っています。

まぁ。深酒は体に良くありませんし、飲みすぎると楽しいを超えてしんどくなるので、

二日酔いにならない程度の酔いで終わりますので、ちょうど良いと思っています。

何もかもほどほどが一番ですね。たまにはゆっくり飲みたいですけどね。

今はコロナ禍で難しいですが、

みんなでワイワイ飲むときはお酒を片手に長時間語らう事はありますが、

1人で晩酌をする際はさっと飲んでさっとお風呂に入るようにします。

そうすることで夜も時間ができて読書や勉強に時間を作ることができるようになりました。

深酒をしてしまい、二日酔いにならないようにするために「【脱二日酔い生活】二日酔いをしないためのお酒との付き合い方」もご参照ください。

習慣をやめた結果、時間が2~3時間は生まれた

そこまで偉そうに言えるほど立派な取り組みをしているわけではないですが、

これまで辞めた習慣は、私にとって生産性のない、ただ惰性としてやってきた習慣たちです。

意味を求めているわけではないのに、時間は定期的に取られている、いわば無駄遣いのように

時間を使っていることが多いです。今回紹介した習慣を廃止するだけで、

一日2~3時間は余裕が生まれました。

勉強や読書、散歩やジョギングの時間、家族の時間がより集中して作れるようになりましたね。

在宅勤務の特性を利用して、あまり良くない習慣かもしれませんが、寝る前にちょこっと仕事

もできるようになりましたしね。

前にもやめた習慣はあるのですが、それよりも細かい習慣をやめたイメージです。
【やめる勇気を持つ】何かを始める勇気とやめる勇気について」もご確認ください。

まとめ:時間だけを使うような習慣はできるだけ減らしていくと一日が充実していく

以上、これまでに惰性的にやってきた習慣の紹介と、

それらをやめることで創出できた時間の紹介でした。

無駄な時間を無くすばかりでは、面白みのない生活になるのは分かっているんですが、

自分の成長、大事な時間を過ごすためには、

惰性的にやっている習慣を無くすというのは大事だと思います。

今回はスマホ・夜更かし・晩酌などを中心に見直しましたが、

これからもちょくちょく時間の使い方を見直していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました