【電気料金検証】普段使う家電の電気料金紹介

皆さんこんにちは。今日もご来訪感謝です。

最近妻がつわりがしんどく、在宅勤務の傍ら、育児と家事の負担が全て私にかかるようになり、

ブログを触る時間が激減しました。更新も減ってしまいましたね。。。

それによる影響はまた別で話すとして。。。

2021年11月も終わりに近づき、急に寒くなりました。

うちも子どもやら、身重の妻もいるやらで暖かい環境をということで床暖房や、

エアコンをフル活用しております。

電気代やガス料金が跳ね上がる季節になってきましたが、電気・ガス料金も

年々値上げしております。。。

健康に害を及ぼさないレベルで節電したいのもまた事実。

まずは現状理解として、普段使っている電化製品がどれほどの料金がかかるのか、

調べてみました。

節電のためには、まずは電化製品を単位時間使うとどれくらいの料金が発生するのかを知る必要があると思います。電気料金の見える化から考えてみたいと思います。
ライフプランの参考にもなると思います。「【ライフプラン】人生でどれだけお金を使い、得るのか考える」もご参照ください。

一時間当たりの電気料金を調査

主要な家電製品の、標準的な使い方をした場合で、1時間当たりの電気料金を紹介させていただきます。

もちろん、同じ製品でもメーカーで違ったり、劣化や手入れによって多少変わると思いますが、
いったん目安として考慮いただければと思います。

エアコン:約33円/時間

エアコンは標準的な使い方をした場合、1時間当たり33.08円、かかるようです。

夏場は半日 12時間程度使うと仮定して、1日あたり33.08円×12時間=396.96円

このペースで1か月使うとエアコンだけで396.96×30日=11,908円かかる計算になります。

エアコンはやはり家電の中でも電気をかなり消費する部類ですね。

しかし、エアコンを控えるようになると夏場は体調を崩すもとになるので、

適温(26度~28度程度)、サーキュレータをうまく組み合わせることで

効率的に部屋を冷やすようにしましょう。

セラミックヒーター:約30円/時間

セラミックヒーターのイメージ

冬場で足元を温めたり、部屋をあたためたりするセラミックヒーターですが、

我が家でもエアコンより乾燥しないのでよくつかいます。

その電気料金は1時間当たり30.57円ということでエアコンに匹敵します。

冬場の寝床で6時間、つけっぱなしを仮定すると

30.57×6時間=183.42円

このペースで1か月利用すると183.42×30=5,502円程度かかります。

暖房と組み合わせると月当たりの電気代が15,000円を超えてしまいそうになりますね。

寝る際は毛布で防寒するなど、ずっとセラミックヒータを付けないような工夫が必要そうです。

とはいえ、こちらも風邪を引くなどの元になるのであまり我慢も良くないと思いますが。

食洗器(食器洗い洗濯機):約13円/時間

最近はマンションや戸建てでもキッチンにビルドインされていることが多くなっている食洗器ですが

1時間当たりの電気料金は13.15円です。

朝・昼・晩に食器の乾燥まで、それぞれ2時間使うと仮定すると

13.15円×2時間×3回=78.9円

それを1ヶ月で考えると78.9円×30日=2,367円です。

個人的には意外と電気を食っているな、という印象です。

食器量が少ない時は利用しないなど、できるだけ使わない工夫も必要と言えますね。

食洗器で乾燥まで行うとしっかり食器も乾燥できて衛生的なんですけどね。やはり毎日・毎食使うとなるとなかなかの電気量になります。

加湿器:3.8円/時間

冬場の乾燥に必要になってくる加湿器、我が家も寝ている時間、部屋の保湿に利用しています。

1時間当たり3.82円かかるという事です。

我が家のように寝ている間、6時間使っていると仮定すると

1日当たり 3.82円×6時間=22.92円

このペースで1ヶ月使うとすると

22.92円×30日=687.6円

1か月あたり700円弱かかるという事になります。あまり負担にはならない額ですし、

あまり利用を控えてもそこまでインパクトはないという事になります。

ちなみに空気清浄機は1.65円/時間です。加湿器の半分程度。加湿器の方が蒸気を出すエネルギーがある分、電気代がかかるということですね。

テレビ(液晶):1.6円/時間

家族の団らんでよく使われるテレビですが、液晶テレビは1時間あたり1.62円かかるそうです。

私の家でもよくテレビを使うので、8時間くらい平気で使いっぱなしになります。

仮に8時間使っていると仮定すると

1日当たり1.62円×8時間=12.96円

このペースで1か月使うとなると

12.96円×30日=388.8円

月に400円いかないくらいですね。意外とテレビは電気を消費しないですね。

昔に比べてテレビの性能も上がり、効率的に稼働しているという事ですね。

テレビをつける時間を削ってもあまり節約効果は期待できなさそうですね。

とはいえテレビをつけっぱなしで寝てしまうようなことはもったいないのでやめましょうね。

洗濯機:7.8円/時間

日々の生活で欠かせない洗濯機ですが、1時間当たり7.8円 消費します。

私の家では夜中に洗濯~乾燥で2~3時間かけて洗濯機を回し、朝に取り込んで終了、となるように

しています。

仮にこの生活で毎日やっていると仮定すると

7.8円/時間×3時間=22.4円 一日当たりかかるので、1か月あたりでは

22.4円×30日=672円 1か月あたりかかることになります。

まぁそこまでかからないですが、水道代もかかると考えれば馬鹿にはできないので、

お風呂のお湯を使ったり、脱水で洗濯を完了し、できるだけ電気代も削る方向で検討してみましょう。

まとめ:健康を害さないエアコンの効率的な使い方がが電気代節約のキーワード

以上、家電製品の利用電気料金の紹介でした。

まだ一部しか紹介で着ておりませんので、

今後もちょくちょくと家電の紹介を追記させていただきます。

エアコン・暖房器具の電気料金がかなり高いという事が分かりました。

健康を害さない程度に、効率よく部屋を暖める工夫が必要そうという事が分かりました。

そのあたりも別の投稿で紹介できればと思います。

タイトルとURLをコピーしました