【通勤電車での居眠りあるある?】電車で居眠り、なぜどちらかに傾くのか?

電車の居眠り

おはようございます。

昨晩あまり寝つけなくて、少し寝不足です。。。

早起きの習慣が身に着くと、多少寝入る時間が遅くなっても朝目が覚めてしまうので、

ありがたい反面少ししんどいです。よく眠れるサプリでも飲んでみようかな。。。

【シンデレラスリープボタニカル】

実は今日の投稿で85個目の投稿になります。

始めたころは半年で100個のブログをあげる目標を立てて、

まぁ、2,3日に1回は休みを入れながら、細々とできればなぁ、、、

と思っていたのですが

こつこつやる性分や、気づいたネタはメモを取る習慣が功を奏したのでしょう、

投稿のネタの質はともかく、

目標以上のペース(ほぼ毎日1~2個の投稿、3ヵ月でおよそ90個)

で運営してきました。

今後もペースを変えていくことなくやっていければと思います。

さて、今日の本題に入らせていただきます。

電車で居眠りして隣に傾いてしまう時はありませんか?

さて、今日はどうでもいいような話なんですが、

電車の座席で居眠りするとき、どちらかに傾いてしまいませんか?

誰かに寄りかかられたり、もしくは自分が誰かに寄りかかってしまい、

気まずいような、恥ずかしいような、ばつが悪い思いをするときはないですか?

電車で居眠りしているイメージ

そもそもなんで傾いてしまうのか?傾かないようにするにはどうしたらいいのか?

考えてみました。同じ悩みを持つ方がおられればご参考いただけますと幸いです。

私はよく傾いて寝てしまいますので、いつもいかにうまく寝れるかを考えています。
最近は在宅勤務なので、通勤頻度も激減しましたけどね・・・
ただ、2021年10月現在、世間的には通常勤務も解禁されてきて、電車通勤も増えてきているのではないでしょうか。

なぜ居眠りして傾いてしまうのか

慣性の法則により、進行方向とは逆に傾いてしまう

既に学校の授業などで習い、ご存じと思いますが、「慣性の法則」というものがあり、

ブレーキなど、急加速や減速した時、進行方向とは逆方向に力が働き」ます。

下の図のように、居眠りした時、進行方向とは逆方向に傾いている時は、

慣性の法則に従って傾いているという事になります。

電車のブレーキがかかるときにかかる力の方向の説明

上の絵はブレーキの時にかかる方向ですが、電車が動き出すときや、

電車がカーブに差し掛かるときなど、スピードが加減速する際に力が働きます。

体の歪みや不均一さにより体が傾いてしまう

電車の進行方向に関係なく傾いてしまう場合はどうでしょうか?

体つき、歪みが左右対称であればいいのですが、どうしても生活スタイルや

趣味などでされているスポーツの負荷で

人体というのは傾きが生じてしまうと思います。

テニスとか、卓球とか、片手を使いがちなスポーツだと、

筋肉の着き具合も変わりますしね。

綺麗に全身が中心で左右対称という人は実は少ないのではないでしょうか?

人体のイメージ図

座って居眠りして、寝ている時は楽な姿勢になりがちだと思いますので、

電車の進行方向に関係ない方向に傾いている場合は体の歪みにより、

個人で楽な方向に無意識に傾いている可能性があります。

真っ直ぐ寝るためにどうすればよいか

周りの人間に迷惑をかけず、気持ちよく寝られるためにはどうすればよいのでしょうか?

電車の座席の端っこで居眠りするとき

座席シートの端を確保でき、右か左、どちらかは人がいない場合ですね。

その時は楽ですね。何も考えず、人がいない方に傾けて寝てしまいましょう

人がいる方向に傾いてしまわぬよう、

あらかじめ人がいない方向に傾いてしまうのです。

端っこの座席を確保できると安心しますよね。片方に人がいないんですから。
端っこの席を確保できた時は一日良いことが起こりそうな気がします。
ただ、手すりに人が持たれている場合があるので、ぶつからないように注意はしましょう。

左右に人がいるところで居眠りするとき

この時は、まず、左右と均等、真っ直ぐに座ります

そして背もたれには寄りかからず、背もたれより少し前に座り、

少しうつむき加減で眠りましょう

カバンなどあるときは、膝にカバンを乗せてカバンを枕代わりにして

すこし前のめりにして眠るイメージです。

前ではなく、逆に後ろに寄りかかると良い、という説もありますが、

口を全開にして周りに醜態をさらすリスクがあるので、この説を採用しました。。。

新型コロナウィルス感染予防の一環で、今はマスクをつける風潮がありますので、

マスクをしてれば口も見えないのでそこまで気にしなくていいのかもしれません。

まとめ:寝れるときには迷惑かけず気持ちよく寝よう

以上、電車で座って居眠りするときに傾く原因とその対策について、

紹介させていただきました。

電車に乗る時間にもよりますが、

15~30分程度の居眠り・仮眠(パワーナップというそうです)であれば

効果的に疲れをとることができると聞きますし、

普段睡眠不足を体感されている方であれば、

電車でうまく睡眠時間を確保できるのは良いことだと思います。

パワーナップ (power-nap) とは、一般的に15 – 30分程度の短い仮眠のことである。この用語はコーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースによる造語である。時間あたりに対する睡眠の効用を最大化する睡眠法とされている。キャットナップとも呼ばれる。

このタイプの睡眠パターンは多相睡眠法(一日に必要な睡眠時間を短く分割して取る方法)と関連してはいるが、どちらかといえば通常の睡眠の不足分を補うために用いられている。特に睡眠不足が蓄積してしまっている人に効果的といわれている。

パワーナップは30分を越えるべきではないとされている。その理由は、それ以上眠り続けると深い眠りに達してしまうからである。深い眠りに達した後に起きると睡眠惰性(スリープ・イナーシア)としても知られる状態に陥り、疲労感がより増してしまうといった結果に繋がる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97 より引用

※帰りの電車で居眠りしてしまうと、変な時間に睡眠をとってしまい、

夜眠りづらくなる可能性がありますので注意してくださいね。

私も電車は読書の時間にあてているのですが、活字を追うにつれて、

瞼が重くなりそのまま寝てしまいます。。。

そういえばなんで字を追うと眠たくなるんでしょうね?

それもまた調べて投稿させていただければと思います。

電車でスマホを触っているイメージ

電車の時間、何もしないとか、スマホのゲームして終わり、ではなく

勉強や休養にうまく時間を使って、有効活用したいですね。

移動時間もうまく使えば充実した時間になりますので、自分なりの過ごし方を

考えてみましょう。

SBI アラプロモ 「アラプラス 深い眠り」

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました