【目指せ早起き!】夜明け前に起きられます!早起きのコツ

おはようございます。今日もご来訪、感謝です。

先日、乗っている電車が人身事故に遭い、会社に遅刻しかけました。

駅のホーム中にブザーが鳴り渡り、警察関係者が来て、

「誰か事故の瞬間を目撃された方いませんかぁ!」と叫んでいて、騒然としていましたね。

ていうか、電車が止まっている間は電車内の蛍光灯も消え、空調も消えるんですね・・・

気温が30度を超える季節なのですごく暑く、不快でした。。。

自分は座っていて良かったのですが、立っていると地獄でしょうね。。。

水分補給できるように何か飲み物を持っているのがベストだと感じました。

では本題に入らせていただきます。

今日は早起きするためのコツの紹介です。

コツというほど劇的な方法ではなく、地味な取り組みの紹介になりますが、

ご了承ください。

早起きになるためには、相応の用事が無ければ根性や気合だけでは限界があります。少しずつですが早起きになれるような取り組みが重要です。

早起きするコツを紹介させていただきます

今日は早起きのコツについて紹介させていただきます。

ちなみに医学的に正しいとか、根拠はなく、私がこれで今や4時起きの生活をしていますという

話しですので、参考になる方がいればどうぞお願いします!

やはり画期的に、翌朝からすっきりと早起きできる方法ってなくて、

地道に改善努力を続けるしかないですね・・・

【シンデレラスリープボタニカル】

昔は朝起きるのが苦手でした。。。

以前の投稿にもありますが、私は朝4時台に起きて、

家事とかブログの投稿とか、いろいろしています

朝活動をしようと思ったきっかけなど含め、以下の記事もご参照ください。

ただ、初めから早起きできたわけではありません。

10代~30前後にかけて、ぎりぎりまで寝れるなら寝たいと考えていた人間でした。

寝起きのイメージ

出勤に家を出るのが8時半だとしたら、起きるのが8時・・・

ぎりぎりまで寝たい、と思いながら朝は布団の中でもぞもぞする。

そんなときもありました。

休日も昼まで寝ていたり、気づけば会社に遅れそう!とか、

結構破滅的な寝坊をしたこともあります。。。

もちろん、資格勉強するぞ!とか、毎日朝ランニングするぞ!とかで

早起きを決意したこともありますが、睡眠欲に負けてしまい、全然長続きしませんでした。。。

行政書士講座 オンライン資格講座 【スタディング】


寝る前は、「よし明日は早起きだ!」と意気込んでいても、、、

朝目覚ましで起きたときに「何でこんな時間に起きようと思ったんだろうな」って、

すぐ二度寝していましたね。。。

なぜか、起きる時は「なんでこんなしんどい思いしてまで起きないといけないんだ」と早起きに対してネガティブになってしまうんですよね・・・

寝坊しているイメージ

んで、いつも通りの起床時間になって後悔するっていうね。。。

そんな私がどうやって早起きにめざめ、朝型人間に切り替えられたのでしょうか?

【シンデレラスリープボタニカル】

まずは、早起きする理由を作る

やはり、動機づくりが肝ですね。「出勤する」のが起床する理由で一番強かったので、

私はぎりぎりまで起きられなかったのです。

じゃあ、自分は一番大事なモチベーションは仕事なのか

それを自問した時に、もちろん仕事は大事なんだけど、

自己実現の中で一番大事なのは家族だという事に気づきました。

仕事を軸に考えると、起きる時間はぎりぎりで良いですが、仕事もしながら

家族のためとなると、起きる時間はぎりぎりでは適切ではありません。

家族のイメージ

まずは、家族が喜ぶこと、家事から始めようと思いましたね。

ぎりぎりまで寝ていて、何も家事ができない、

ではなくできるだけ早く起きてできる家事からやってみよう、と決心しました。

「最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓」

という、ムーギー・キムさんの話にもありますが、

世界のエクゼクティブはニワトリより早く起きる、と言われています。

自分もそれを目指せればと思いました。

家事代行のベアーズ【エアコンクリーニング】

まずはいつもより15分早く起きる。1週間単位で起きる時間を早くし続ける

家事をするイメージ

とはいえ、決意は立派でも、普段早くて8時起きの人間が、

いきなり4時に起きるというのは現実的ではありません。

普段8時に起きているとしたら、急に朝の4時に起きるとしたら、

なんかもうひと眠りしてしまうレベルです。。。

まずは15分、アラームを早くしましょう。

そして15分早く起きて15分でできる家事から始めました

目的があって早起きしているので、その目的に合った作業をすると良いと思います。

それを1週間続けましょう。

これまでの起床リズムから変わることになるので体を慣らす必要があります。

いつもより15分早い程度であれば、1週間続ければ慣れてくると思います。

そして次の1週間はさらに15分早めましょう。

ここで15分早い起床がしんどく感じたら、無理せず、元の起床時間に戻しましょう。

うまくいけば1か月で1時間早く起きられます。

早く起きられた分は早起きする目的に応じたタスク・習慣を定着させましょう。

ちなみに私は、はじめ15分早く起きれたときは洗い物の片づけ

さらに15分早く起きたときは、洗濯物の取り込みを付け加えました。

※我が家は晩御飯の洗い物を乾燥機にかけ、翌朝に乾いた食器を取り込んでいるのです。

男でもできる家事については以下の記事もご確認ください。

家事代行のベアーズ【エアコンクリーニング】

朝早く起きると夜が自然と眠くなるので生活時間が早くなっていく

ただ朝だけ早く起きていくと睡眠時間が短くなります。

ただ、始めの15分・30分縮める程度ではそこまで寝不足感はないと思いますが、

1時間・2時間早起きとなると、普段8時起きの人間が、

7時起き 6時起きとなるので 少し寝不足を感じるようになります。

その際には、早く起きる分早い時間に寝るようにしましょう。

ちなみに私は午前1時とかに寝ていたので、早起きに切り替えていくと、

さすがにしんどくなってきまして、自然と夜眠くなってきました。

今は夜の10時くらいには眠たくなってしまいます。

飲み会とかあるときは話をしたりでテンションが上がったり、頑張って起きれるんですけどね。

でも二次会とか行く気力は無くなってきましたね・・・

まず早起きから始めることで、早寝のリズムが付くようになります。

早寝が習慣づくと、早起きも苦でなくなります。

早起きをしていない時、午前1時まで夜更かししていて、何してたのかというと、

テレビを見ていたり、ゲームをしていたり、深酒をしたりと非生産的な活動ばかり。。。

夜は何だかんだで疲れていて何もする気が起きませんでした。

私に関しては、夜遅くまで起きていても、

何か取り組んでいるかと言ったらそうではなかったです。

これは何も生まないと思い、早寝へのシフトを決意しましたね。

休日も頑張って起きる。平日より1時間以上時間をずらさない

夜更かしのイメージ

平日は頑張って早起きしていても、休前日はついついのんびり過ごして夜更かしをし、

休日はゆっくり起きよう・・・と起床時間が遅くなりがちですが、

頑張って平日の起床時間をキープしましょう。

せいぜい起床時間のずれは1時間程度が限界ですね。

それ以上になると、せっかくできてきた起床リズムがまたずれてしまいます。

休日もやりたいことを見つけて、平日と同じように起きましょう。

休日にすっきり目覚めると、朝から何でもできそうなくらい充実しますよ!

いきなりがっつりではなく、少しずつ起床時刻を早めて充実した朝活を!

すっきり早起きのイメージ

以上、早起きのコツでした。

まとめとして、急に早く起きると体もしんどいし、気持ち的にもついていけません。

少しづつ、体を慣らすように早起きに慣らしていきましょう。

私は今は22時に寝て、4時に起きるようにしていますが、そのリズムになるまで、

半年かかっています。

先述の通り、今は22時に寝たいと考えるようになりましたので、

会社の飲み会とかも2次会までだらだら行かなくなり、

1次会で集中して付き合いを深めるようになりましたね。

メリハリのつく、とてもいい生活になってきたと思います。

今は読書や、こうしてブログも投稿するようになり、朝の活動がとても充実しています。

健康的にも早起きはメリットは多いと聞きますので、

皆さんもぜひ朝活を初めてみてはいかがでしょうか?

会社に追われて起床時間を合わせると会社に行くのが嫌になります。

自主的な時間で起床するようにすると、起こされ感もなくなるので、平日も充実した

気持ちになりますよ!

朝は静かですし、空気も気持ちよく、見たいテレビもないので何をするにしても

集中できます。ぜひやってみてください!

行政書士講座 オンライン資格講座 【スタディング】


コメント

タイトルとURLをコピーしました