【24時間から隙間時間を生み出す】一日の隙間時間の作り方

こんにちは。今日もご来訪感謝です。

ゲームのイメージ

昨日ゲームしすぎて夜更かしをしてしまいました。

でも朝は決まって早く起きてしまうので寝不足気味です。

寝不足の時は時間を見つけて昼寝したいですね。。。

隙間時間の作り方について

時間のイメージ

今日は隙間時間の作り方について少し書かせていただきます。

社会人になるとなかなか時間作れないんですよね。

資格取るための勉強をしないといけない、読書・趣味をしたい・・・

いろいろやりたいことはあるのに朝早く、夜も遅くまで仕事、

時間がなかなか取れない。

疲れていてなかなか時間を取ろうとできない、休みたくなってしまう。。。

いや、むしろ「時間をとらない」と言った方がよいかもしれません。

案外、取組みできる時間を見逃していて、あえてやっていない・・・

じつは時間って意外と転がっています

でも言葉にすれば当り前よな?みたいなことばかり言うので

新鮮味はないかもしれません。

新鮮味が無い話かもしれませんが、整理すると意外と気づきも得られるときもあります。
是非参考にできる部分がありますと幸いです。

皆さんは一日どう過ごしていますか?

一日の構成のイメージ

一日はもちろん24時間ありますよね?

皆さんはどんな活動に時間を使っていますか?

平均的なパターンでは。。。

  • 睡眠:7時間
  • 仕事:8時間
  • 朝・昼・晩の食事:3時間くらい?
  • 通勤:往復で2時間 ※これは勉強時間にあてがいやすいですね。

としましょうか?

合計すると20時間になります。

1日は24時間ですよね?

4時間どっかに行っています。

4時間は何をしているでしょうか?

家事とか趣味の時間をされている方もおられると思いますが、

明確にこれだ!という作業がイメージできない方が多いのではないでしょうか?

隙間時間を集めると数時間になります。

あくまでこれは典型的なパターンですが、

このパターンを見ると、一日に割と融通利く時間が4時間はありそうです。

あまり実感わかないですよね?

これはこの4時間がまとまった時間であるわけではなく、

とびとびの時間になっていることが多いというから実感しにくいのだと思います。

これが隙間時間です。

例えば。。。

  • 信号を待っている間のすこし手持無沙汰の時間
  • お風呂が沸くまでの時間
  • 風呂入って湯船につかっている間の時間

などなど。。。

何をしているか、特に意識していない時間があると思います。

これらを寄せ集めると、だいたい数時間になるんですね。

集中的には時間が取れなくても、集めると3~4時間時間が取れますね。
まさに「ちりも積もれば山となる」です。

まずは、何をしているか見直しましょう。

見直しのイメージ

まずは自分の「この時間ぼーっとしているなぁ・スマホいじってるだけだなぁ

っていう時間を探してみてください。

自分の行動の見直しにもなりますしね。

私はこの時間を探して一日2時間の勉強時間・読書時間を確保しました。

一度にまとめてじゃないですけどね。

例えば

  • 通勤時間
  • 出勤する前の少しぼーっとしている時間
  • 電車乗り換えの間の電車を待っている時間
  • パソコンに電源を入れて立ち上がるまでの数分
  • お風呂が沸くまでの待ち時間
  • パンが焼きあがるまでの時間
  • 会議が始まるまでの少しの待ち時間

などなど。。。

一個一個は数分から長くて十数分しかありませんが、かき集めると馬鹿になりません。

平日に2時間、あとは休日に4時間取れたら、勉強時間70~90時間/月になります。

隙間時間で勉強しても、まとめて時間を作って勉強しても、身につくための効率性

差がないと言われています。

累計で1時間勉強していればまとめても散らしても同様という事ですね。

なんと自分は無駄な時間を使っていたのかと後悔しました。

こういう時間が無くなると自分の生活に充実感が出てきます。

生産性が上がるのを実感できます。

隙間時間を全部勉強や読書に費やせとは言いません。たまには何も考えない、ぼーっとする時間も必要だと思いますし。勉強したいと思える時間でやってみてはいかがかと思います。

まとめ:一日の自分の過ごし方を頭でイメージし、隙間時間を見つける

イメージしているイメージ

以上、隙間時間の見つけ方でした。言われたら当たり前のことなんですけどね。

でも意外と見つけられる人って少ないんです。

無意識のうちに見過ごされている時間を見直すことは意外と目につきにくく、

難しいです。

それゆえに自分自身の生活を見直している方って多くないと思います。

一日の行動・流れをイメージし、どこで作業できるチャンスがあるか

を振り返ってみましょう。

朝、起床したあと、どんな行動をしているのかイメージし、

どこに勉強できるチャンスがあるのか、頭で想像します。

少しでもいいのでお風呂に入っている時間とか、

そんな風に自分の生活を見直してください。

次は隙間時間を見つけてその隙間に応じた行動方法を紹介させていただきますね。

隙間時間を想定しての問題集もたくさんあります。

もし隙間時間で勉強を!と思われている方がいれば本屋をのぞいていろいろ

探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました