【パワハラ体験記 1社目】パワハラについて

おはようございます。土日からずっと雨ですね。

雨天のイメージ

朝から雨で涼しいのはいいですが、

愛犬の散歩ができず、少し残念です。

パワハラについて

今日はパワハラについてお話しさせていただきます。

パワハラのイメージ

会社で上司と部下の関係のような、権威があることで強い要求を従属関係にある人に強要し、

威圧するハラスメントの一種ですね。

最近は世間の反応も過敏で、上司の皆様もいろいろ気にして、

部下との接し方にすごくナーバスな方もおられるかと思います。

が、一方で「こいつに一人前になってほしいから」とか

「俺が若い時はこうやって成長してきた」と言って、

旧時代的な強引な指導をされる方も一定数おられます。

私が社会に飛び込んだ時はパワハラに過敏になりだした時代です

研修で学ぶイメージ

私が社会人の世界に飛び込んだ2010年代前半は、研修などでハラスメント研修など、

ハラスメントによる社会へのマイナスイメージや精神疾患への影響、賠償問題を学ぶ機会

ありました。

実際入社時の研修ではこういった場合はハラスメント、しかるべき機関に相談してください、

といった話はありました。

メインはセクハラ(セクシャルハラスメント)・アルハラ(アルコールハラスメント)に

注意すべきという内容ですね。

パワハラの話もあることはありましたが、

パワハラは部下にも原因がある。上司と部下、相互にしっかりコミュニケーションしなさい

という趣旨の研修がほとんどだったと思います。

確かに部下の接し方も問題はあることもありますが、基本的には部下に対し、強い権限を持つ上司は、部下をどうにかできる力があり、それをコントロールすべきだと思います。

1社目でのパワハラ?と思われる体験

新卒で入った会社(1社め)は今思えばパワハラかな?といった話も多かったです。

嫌味を言われるイメージ

有給取りたいときは上司から「先輩が働いているのに休み取るんだね」と嫌味を言われ、

先輩より早く帰ろうものなら「先輩より先に帰るん?」と嫌味を言われ、

定時間際に先輩に「この資料作っといて、明日私が来るまでにできていると助かるなぁ」

と仕事を振られ(要は明日出社までに資料を仕上げろということです)、

システムのトラブルが発生した時に出なければいけない

会社配布の緊急携帯電話はいろんな理由でローテーションメンバーが私に携帯を渡し、

半年くらい連続で持たされました。(通常は1週間でローテーションでしたね)

時々携帯電話を持っていない時でも、私の私用携帯にかけてくる人もいらっしゃいました。

真夜中や夜更けぐらいに電話がかかってくるので辛かったです。。。

転職の旨を申し上げ、残っている有給(15日近くありました)を使って休みたいと伝えたときは

「そんな急に言われて全部休みなんて無理に決まってるでしょ

(やめるといったのは退職日の1か月半前)。」と言われました。

東京に引っ越す準備があるにもかかわらず有給は3日しかくれず、とてもつらかったです。

(ちなみに最後呑みに行った先輩にその話をしたところ、「それ労務違反じゃない?」と教えてくれました。もめたくないので我慢しましたが。。。)

当時は病んでいたと思います。

ちなみに当時の私は心を少し病んでいたと思います。

精神を病んでいるイメージ

毎日帰りが遅く、朝も早く出社しないといけない状態で、少しでも寝ないといけないのに、

布団に入り、明日を考えると「このまま眠ると朝が来て会社に行かなければならない

と眠れない日々が続いておりました。

寝たくないと言った方が正しいかもしれません。

当時は病院など行く発想もなかったのですが、

今思えば何らかの心身の不調が来ていたのかもしれません。

この頃から少しハラスメントのない部下の接し方とは何か

正しいマネジメントとは何か

ということを少しずつ考えるようになりました。

2社目、今の3社目は比較的時代も変わりパワハラも少ないホワイトな企業ですが、

やはり違和感があるマネジメントに遭遇します。

またこの辺りは次回お話しさせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました