【パワハラ体験記】パワハラについて 3社目

おはようございます。

九州地方の大雨が近畿地方に夜中来たようで、

激しい雨が降った後が網戸についていました。

近畿地方の影響はほぼ無さそうですね。

何事もなく通勤できそうです。

MeetsCompany(20年卒)


SBIネオモバイル証券

それでは、今日もハラスメント、特に、

パワーハラスメント、パワハラ関連の話です。

二回目の転職をして、現在三社目です。

転職のイメージ

私は転職を2回してまして、現在3社目に勤めています。

これまで経験したパワハラの話は以下をご確認ください。

ここではパワハラは全くないかというと、そうではなくて、

これってパワハラじゃないのかな?」というのがあります。

過小な要求というパワハラ

今勤めている、私の配属先の上司はすべてを自分でやろうとされる方です。

部下に振られる仕事は荷物の梱包とか費用の精算とか、

あまり頭を使わないものばかりでした。

「まぁまずは下積みからよな」と思って我慢しておりましたが、

話を聞くと業務のアサインに意図はなく、とりあえず人手が欲しいと・・・

どうも学びとかそういうのはなかったようです。

転職で他の社員より給料が高めの私はかなり不安を感じておりました。

年収に応じた仕事ができていないという不安でかなりストレスを感じていたようです。

以下パワハラの定義です。

 職場のパワーハラスメントとは

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

引用元:あかるい職場応援団|パワハラの定義 より引用

過大な要求もあれば、過小な要求もあり、難しい

適性の範囲というのは、上もあれば下もあると思います。

例えば営業でバリバリ力を発揮したいというので入社したのに、

実際部署に行ったら掃除しかさせられなかった、

と言えばこれはまたパワハラになりかねません。

これはパワハラの⑤過小な要求に当てはまります。

過小な要求
本来の仕事を取り上げるパワハラ

バスの運転手が公道で軽い接触事故を起こしたところ、上司が激怒して、翌日から3週間にわたり営業所の草むしりだけをさせられた・・・(具体的事例)
業務上の合理性なく能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや、仕事を与えないことは「過小な要求」型のパワハラです。例えば、営業職として採用された社員に営業としての仕事を与えずに草むしりばかりさせたり、お前はもう仕事をするなといって仕事を与えずに放置したりすることなどが該当します。

引用元:あかるい職場応援団|パワハラの定義 より引用

思ったより過小な仕事ばかりだった私は、

この部署で大丈夫か?と思い、中途採用でお世話になった人事部に

挨拶がてら部署の実態を説明し、もともと経営企画で貢献したいという話で

面接を受けていた話をし、異動の話をこぎつけました。

やはり異動の話を直接持っていきたければ人事部が一番です。

権力を持つ側が意識しないといけない

パワハラの威圧的なイメージ

私が申し上げたいのは、パワハラは

上司と部下のミスマッチから生じる、部下側が感じるネガティブな感情です

少し前までは部下にも原因がある、みたいなことを言われていましたが、

権力や指示を与えられる上司に原因がある、と私は思っております。

とはいえ、できるなら上司と考えの共有を!

とは言え、悪気はない上司がいるのも事実です。

「指導のつもりで。。。」とか「私はこう思っていた。。。」とか

言い訳かもしれないし、

彼らなりに良かれと思っての指導ということもあります。

そんな時は上司とコミュニケーションをとってみましょう

自分はこうされるのが苦痛だ、とかこういう風に接してほしいとか。

うまく言えなくても、出社したら手が震えるんです。

とかつたない感じでもいいからコミュニケーションしてみましょう

もし、上司と関係が崩壊している、

もしくは言っても聞かないというのであれば人事部や別の方に相談してみましょう

残念ながら会社は、あなたからアクションし、

声をあげないと「うまくいっている」と感じ、

何も手を差し伸べてくれません

心身に負荷を感じているのであれば、何かアクションを起こしましょう。

ちなみに前部署の上司は、「私はマネジメントは一切しない」とおっしゃっり、

管理職としてはあまりよろしくない発想の方で、

仕事のアサインについて熱弁しても何も変わらなかったので、

もうダメだと思って人事部に申し上げました。

何か窮状を訴えれば会社も動いてくれます。

動かない会社は転職すればよいのです。

転職もリスクが無いわけではないし勇気がいりますが、

動き出せばそこまで怖くありません。

一歩勇気・やる気を出す方法は以下の記事をご参照ください。

もし今社内で悩みがあったら、社内で一度相談してみましょう。

社内が怖ければ、今は匿名などで話を聞いてくれる相談窓口もあります。

利用の流れ(総合労働相談コーナーの場合)
会社がある場所の労働局または労働基準監督署に総合労働相談コーナーがあります。電話でも相談ができます。
総合労働相談コーナーで相談員が対応してくれます。
このとき、パワハラが起きた事実関係を整理しやすいよう自分で、
ハラスメントだと感じたことが起こった日時
どこで起こったのか
どのようなことを言われたのか、強要されたのか
誰に言われたのか、強要されたのか
そのとき、誰がみていたか
などを持っていくとよいでしょう。

あかるい職場応援団|パワハラの定義 より引用

自分なりの充実したビジネスマンライフを築いてくださいね!

パワハラなどのハラスメントで思い詰めて心身の調子を崩さない方が

一人でも増えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました