【辛い物検証】辛い物を食べると本当にお腹を壊すのか?

皆さん、おはようございます。今日もご来訪、感謝です。

なんか、週末に台風が来るみたいですね。

台風のイメージ

週末に日本に近づいてくるみたいなので、また週末の予定が組みにくいです。

マラソンもあるのに、悩ましいな。。。

さて、本題に入らせていただきます。

辛い物を食べると本当にお腹を壊すのか?

激辛のイメージ

私は最近、辛いものにはまっており、

ラーメンであれば担々麺、中華料理であれば麻婆豆腐、あとはカレーなど、

辛い食事を食べられる店に週に何回か通っています。

昔は辛い物はどちらかというと苦手だったのですが、最近は辛いものがクセになっています。

辛い物を食べるとストレスが解消されるそうなので、ストレスが溜まっているから辛い物を求めているのでしょうかね?
【牛丼に紅ショウガ】なぜ年を取ると薬味を大量に乗せるのか?」でも辛い物を求める理由について少し述べていますのでご参照ください。

そこでふと思ったのですが

辛い物を食べてよく言われる、「明日お腹壊しそう・・・」というのは本当なのでしょうか?

確かに、私は辛い物=確かに口とか痛くなるし、胃腸も痛めるものと考えていたのですが、

辛い物って別に殺傷能力があるわけではないし、触って、肌が痛くなるわけでもないので、

いったい辛い物の何がお腹を壊す原因になるのでしょう?

辛い物を食べるときにお腹を壊しがちな人がいる、本当の原因はどこにあるのか

少し調べて考えてみました。

原因その①:辛い物を食べるときにたくさん飲みがちな水

水をがぶ飲みするイメージ

辛いものを食べるときに、よく水を飲んで辛さを癒しますよね

どうやらそこにも原因があるようです。

水を飲みすぎると、腸の吸収力の限界を超えた分は水分としてそのまま排出されるという事です。

辛さを和らげるために大量の水を飲む
辛いものを食べているとついつい水を飲みすぎてしまうこともありますが、この大量の水も下痢の原因になります。水分は身体の中に入ると腸から吸収されますが、腸の水分の吸収力には限界があり、それを超えると処理しきれなかった水分がそのまま排出されるということになってしまいます。
もともと、食事には多くの水分が含まれているため、食事中に水を取るとどうしても水分オーバーになることも少なくありません。

https://www.designlearn.co.jp/spice/%E3%81%AA%E3%81%9C%EF%BC%9F%E9%A6%99%E8%BE%9B%E6%96%99%E3%81%A7%E4%B8%8B%E7%97%A2%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96/ より引用

水を飲みすぎると水がそのまま排出されるので、下痢をしがちになるという事ですね。

ちなみにですが、辛い物を食べると水を飲みたくなりますが、

水を飲んでも辛さは和らがないようです

辛さを和らげるには、牛乳など脂肪分を含む飲み物が良いようです。

でも牛乳などもお腹壊しやすいので注意ですね。

インド料理でセットドリンクにラッシーがついているのはスパイスを食べがちな

インド人の知恵なんですかね?

※ラッシーは牛乳を発酵させた、ヨーグルトみたいなものです。

なお、辛いものを食べたときには水分が欲しくなりますが、実は唐辛子などの成分は水には溶けません。そのため、辛いものを食べたときに水を飲んでも、実際には辛さの成分が口の中で拡散して、辛さが収まることはなく、さらに水を飲みたくなってしまいます。辛さを抑えるためには、アルコールか、脂肪分を含んだ牛乳などが適していますが、こちらも飲みすぎると下痢の原因となるので注意したほうがよいでしょう。

https://www.designlearn.co.jp/spice/%E3%81%AA%E3%81%9C%EF%BC%9F%E9%A6%99%E8%BE%9B%E6%96%99%E3%81%A7%E4%B8%8B%E7%97%A2%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96/ より引用

原因その②:香辛料の使い過ぎ

どうやらスパイス・香辛料の使い過ぎに下痢の原因があるようです。

辛い物のイメージ

元来、日本人は香辛料を食べなれておらず、

香辛料を食べだしたのも人類史からすると最近なのだそうです。

それゆえ遺伝子的には香辛料に慣れておらず、

食べすぎると消化にとても体に負担がかかるそうです。

香辛料の使い過ぎ
香辛料によって下痢になる原因として、もっとも多いのが香辛料の使い過ぎです。香辛料の中には、身体を温めたり、胃腸の調子を整えたりするものもありますが、どのようなものでも使いすぎると身体にマイナスの影響を与えてしまいます。また、体質によってはもともと香辛料などを受け付けないということもあり、そういった体質の人が香辛料を食べると、少量であってもお腹を下してしまうということがあります。

https://www.designlearn.co.jp/spice/%E3%81%AA%E3%81%9C%EF%BC%9F%E9%A6%99%E8%BE%9B%E6%96%99%E3%81%A7%E4%B8%8B%E7%97%A2%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96/ より引用

香辛料自体は体に良いのですが、やはり量が多くなると毒になりかねないのですね。

テレビの番組でよくやっている激辛チャレンジは、かなり体の負担がかかっているという事ですね。あまり無理しないでいただきたいものです。

原因その③:辛さに慣れてきて香辛料を大量に取りがち

辛い物を食べていると舌の感覚がマヒしてきて、香辛料を大量に取りがちになることで

胃腸に負担をかけてしまうようですね。

また、辛さに慣れてくると、それを耐えるように快楽物質が分泌され、多くの辛さを

求めるようです。

無性に辛い物を食べたくなる、と思うのは快楽物質が出てきているんですかね?

食べてるうちに舌の味覚が麻痺して度を超す
香辛料を食べ過ぎてしまう原因には、味覚のマヒも挙げられます。どれだけ辛い香辛料でも、食べていると辛さに慣れてきて食べれるようになってきますが、それは舌がマヒしているため。舌がマヒしてしまうと、辛さが苦手な人でもついつい香辛料を食べ過ぎて、内臓を刺激、下痢の原因となってしまいます。また、辛いものが好きという人の中には、通常の辛さを超えてどんどん辛さをアップさせていく人もいますが、その場合脳の中で辛さに耐えるための快楽物質が生まれ、辛さが快楽になっていることもあります。そういったケースでは、ついつい香辛料を食べ過ぎてしまうことが考えられます。

https://www.designlearn.co.jp/spice/%E3%81%AA%E3%81%9C%EF%BC%9F%E9%A6%99%E8%BE%9B%E6%96%99%E3%81%A7%E4%B8%8B%E7%97%A2%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96/ より引用

辛い物を食べるとやはりストレス解消になる、という事ですね。

まとめ:香辛料の使い過ぎと水の飲みすぎが原因

以上、辛い物を食べたときに下痢をする原因はどこか?という考察でした。

香辛料を食べなれていないがゆえの体にかかる負担と、

辛い物を和らげようと飲んでしまう大量の水の摂取の組み合わせにより、

お腹を壊してしまうんですね。

やはり辛さはほどほどが一番です。まずは「少し物足りないかな?」くらいの辛さから初めて

少しずつ慣らしていって辛い物を楽しむ方が良いと思います。

よくテレビの番組でされているような、激辛メニュー早食いなんかは胃腸を痛めてしまいますね

たぶん普段から辛い物を食べなれていないタレントも居られると思いますが、

真似をして無理に激辛メニューを食べると下痢などの胃腸の不調につながると思いますので

気を付けてください。

麻婆豆腐も、担々麺もおいしいですからね。適度な辛さで楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました